ご来院の患者さんへ

お薬について

お薬についてわれわれが目指している業務は患者さんに対して最高のPharmaceutical Careを行うことです。

すなわち、薬剤師として医薬品の適正使用を介して患者さんのQuality of Life (QOL) を向上させることを目標としています。

医薬品を有効にしかも安全に使用していただくように、また副作用をできるだけ軽減するように努めています。

患者さんの痛み、下痢、便秘などを薬学的アプローチにより軽減し、患者さんが食事が楽しめ、ぐっすりと眠れるように、

また快便であるように努力しています。

医薬分業について

現在、医療分野において、様々な専門家がその専門性を活かして協力し合うことによって、安全でより良い医療を提供していくことを目標としています。

「医薬分業」という考え方も、医師と薬剤師が協力して安全な医療を提供するための制度です。

この方法は,医師の診察を受けた後、院外処方せんが手渡され、患者さんの身近な,街の薬局でお薬を受け取ります。

当院でも、「医薬分業」を推進するため、院外処方せんを発行しています。

お薬をもらうまで

  1. 診察後、医師より院外処方せんが手渡されます。
      ↓
  2. 外来棟1階 料金計算窓口で会計を済ませます。
      ↓
  3. あらかじめ保険薬局に、FAXで院外処方せんを送っておくと便利です。
    ご希望であれば、外来棟1階待合室に設置されているFAXをご利用ください。
      ↓
  4. 保険薬局(FAXを送信した場合は送信先の保険薬局)へ処方せんを持って行きます。
      ↓
  5. お薬を受け取り、ここでお薬代をお支払いください。

院外処方せんについて

院外処方せんの有効期限は、発行日を含めて4日間です。過ぎてしまった場合は、再度、医師の診察が必要です。

処方せんがあれば、代理の人がお薬を受け取ることができます。

処方せんを紛失した場合は、受診した医療機関へご相談下さい。

2013年12月01日現在

担当部署