中央診療部門

栄養管理部


栄養管理部の基本理念
「安全で、満足度の高い食事サービス、治療に貢献する栄養管理」を目指して

①安全な食事の提供
②美味しい食事の提供
③病状に応じた適切な内容の食事提供
④治療に貢献する栄養管理
⑤心のこもった食事サービス

中央診療部門概要

部門紹介

 栄養管理部の主な業務は、入院患者様への「食事の提供」と「栄養管理」業務です。
 食事は、生命活動の維持及び疾患治療の一環として重要な役割を担うものであると同時に、入院中の患者さんにとっての楽しみのうちの一つでもあります。特に、糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病や、腎臓病など食事療法が治療に欠かせない患者様に対しては、個々の病状に応じたきめ細やかな対応が必要となります。食事は完全に摂取され、食欲を満たしてこそ、その効果が得られるものであることを常に意識し、美味しく且つ栄養配慮がなされた、衛生的にも安全な食事を継続的に提供できるように、職員一同励んでいます。

特色―――患者給食の特徴

 1.「選択メニュー」
   普通食や全粥食などの一般食では、複数の献立から自分の食べたい食事を選ぶことのできる「選択メニュー」を実施。タッチパネル式端末から料理の写真や献立名、栄養量を参考に、献立をお申込みいただけます。
 2.「誕生日食・出産お祝い膳」
   入院生活はとかく味気のないものになりがちです。そこで栄養管理部としては、「入院中にお誕生日を迎えられた患者様(一部治療食患者様を除く)」と「ご出産された患者様」に、心ばかりのお祝い膳を提供させていただいています。
 3.「病棟患者食堂」「対面盛り付け」
   病棟建物の3~13階の中央コア部分に「病棟患者食堂」を配置。四季折々の鶴舞公園を眼下に、快適な環境でお食事をしていただけます。また、患者食堂では一般患者様を対象に、患者様がお見えになってからご飯やみそ汁を盛り付ける「対面盛り付けサービス」を実施(朝食、治療食および一部階を除く)。「温かいお食事」をお召し上がりいただけます。

業務体制―――給食・栄養管理業務

 1.食事の提供
  一般食や治療食の提供
  朝 8:00、 昼 12:00、 夕:18:00
 2.栄養食事指導
  ①外来・入院患者様に対する「個別栄養食事指導」
    平日午前・午後、1人30分枠
  ②入院患者様に対する「糖尿病教室集団栄養食事指導、バイキング教室」
    毎週 糖尿病教室栄養指導:月曜日
        バイキング教室:火曜日(参加者に条件あり)
  ③外来患者様に対する「慢性腎臓病教室栄養食事指導」
    毎月1回、土曜日午前
  ④外来患者様に対する「安産教室栄養食事指導」
    毎月1回、火曜日午後
 3.栄養管理
  ①栄養管理計画作成・実施
 4.栄養サポートチーム(NST)活動
  ①NSTによるカンファレンス・病棟ラウンド

部長および副部長の名前

部長   : 葛谷 雅文  (老年内科教授 兼任)
副部長 : 田中 文彦  (管理栄養士)