中央診療部門

臨床工学技術部


よりよい医療・安全な医療の礎に

院内における医療機器の中央管理体制等を確立し、臨床工学技士業務の適正かつ円滑な遂行を図ることを目的に院内の有資格者を集めて組織された部局です。

臨床工学技術部概要

2013年12月メンバー

平成17年4月1日より開設された部ですが、元々は平成9年8月1日に開設されたME機器管理センターに名称替えし、またセンター時代は高気圧治療部(現在はありません)、集中治療部、手術部、在宅管理医療部との併任扱いであったセンター職員を臨床工学技術部へ所属替えを行って組織化しました、平成25年12月現在、23名の有資格者が在籍し、生命維持管理装置の操作・保守点検・管理を行い、チーム医療の一員として、よりより医療の提供ができるよう日々努力しています。

業務内容


◎人工心肺業務

 心臓の手術で一時的に心臓の機能を代替する人工心肺の操作を行います。

◎血液浄化関連業務

 血液透析療法や、血漿交換などの治療を行います。

◎不整脈関連業務

 アブレーション業務や、ペースメーカ関連業務を行います。

◎心臓カテーテル関連業務

 心臓の血管を撮影する検査や、狭くなった血管を広げる治療を行います。

◎手術部関連業務

 手術に必要な機器(麻酔器・電気メス・内視鏡など)の保守・点検を行います。 

◎集中治療部関連業務

 人工呼吸器をはじめとする多くの医療機器が正常に動作するように保守点検を行います。

◎中央管理機器業務

 輸液ポンプ、シリンジポンプなどの様々な医療機器の点検・修理を行います。

◎その他臨床工学技術部が必要とされる業務


 

臨床工学技術部所在

中央診療棟4階、中央材料部の東側となります。

電話番号 内線:2641 外線:052-744-2641
Fax 内線:2966 外線:052-744-2966

技士長

林 裕樹

主任

中村 智之