診療科

放射線科

医学部研究科講座へはこちら 「量子医学/量子介入治療学」


画像診断と放射線治療を担当しています。

最新の画像診断装置を用いた画像診断および血管造影とがんに対する放射線治療を行っています。

診療科概要

<対象疾患>
全身のありとあらゆる臓器・疾患が対象となります。

<特色>
放射線科は大きく分けて画像診断・核医学部門と放射線治療部門に分かれています。
診療部門では最新の画像診断装置(MRI・CT・超音波エコー・PET/CTなど)を用いた画像診断、血管造影および血管内手術(IVR)やCTガイド下生検などに取り組んでいます。また放射性医薬品を用いた甲状腺機能亢進症や癌の治療も行っています。
放射線治療部門では、主にライナック照射装置により高エネルギーの放射線を対外より照射してがんの治療を行っています。また小線源を用いた子宮がんや前立腺がんの治療も行っています。

<診療体制>
院内で発生する画像については、放射線診断専門医が速やかに読影し、レポートを電子カルテに配信しています。
血管造影およびIVR、生検については、IVR専門スタッフが対応しています。夜間や休日の緊急IVRにも対応しています。
放射線治療についても、放射線治療専門医が毎日外来診察を行い、治療計画および経過観察を行っています。

科長の名前

長縄 慎二(教授)

※教室の詳細についてははこちらをご覧ください。