診療科

血液内科

医学部研究科講座へはこちら 「血液・腫瘍内科学」

「病態内科学講座」独自HPへはこちら


「あらゆる血液疾患に安全かつ納得のいく最高水準の医療を提供します」

対象疾患は白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの悪性腫瘍、再生不良性貧血や骨髄異形成症候、溶血性貧血などの貧血症、血友病、von Willebrand病などの出血を起こす病気が含まれ、名大ではこれらの専門スタッフをそろえています。特に白血病、悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍に対しては、科学的根拠(エビデンス)に基づく医療を提供するとともに、JALSGやJCOGに加入し全国レベルでの臨床研究も進めています。 造血幹細胞移植にも力を入れており、骨髄細胞、末梢血幹細胞、臍帯血のいずれにも対応し、また高齢患者を対象に骨髄非破壊的前治療を用いた移植(ミニ移植)を導入しています。さらに免疫細胞療法などの高度先進医療も実施しています。 一般には疾患の完治を目指しますが、状況によってはQOL(生活の質)を重視した医療を行うこともあります。どのような状況でも患者さんと対話しながら、安全かつ納得のいく医療を提供します。

診療科概要

(1)対象疾患

急性骨髄性白血病
急性リンパ性白血病
慢性骨髄性白血病
慢性リンパ性白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄異形成症候群
再生不良性貧血
骨髄線維症
真性多血症
特発性血小板血症
溶血性貧血 (自己免疫性、発作性夜間血ヘモグロビン尿症など)
特発性血小板減少性紫斑病
血友病
von Willebrand病
DIC など


(2)特色


 対象疾患は白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの悪性腫瘍、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群、溶血性貧血などの貧血症、特発性血小板減少性紫斑病や血友病、von Willebrand病などの出血を起こす病気が含まれ、名大ではこれらの専門スタッフをそろえています。白血病、悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍に対しては、科学的根拠(エビデンス)に基づく医療を提供する(EBM)とともに、日本成人白血病研究グループ(JALSG)や日本臨床腫瘍グループ(JCOG)に加入し全国レベルでの臨床研究も進めています。造血幹細胞移植にも力を入れており、骨髄細胞、末梢血幹細胞、臍帯血のいずれにも対応し、また高齢患者を対象に骨髄非破壊的前治療を用いた移植(ミニ移植)を導入しています。さらに免疫細胞療法などの高度先進医療も実施しています。一般には疾患の完治を目指しますが、状況によっては生活の質(QOL)を重視した医療を行うこともあります。どのような状況でも患者さんと対話しながら、安全かつ納得のいく医療を提供します。


(3)診療実績


年間の新規入院患者は、白血病30~40人、悪性リンパ腫50~60人、多発性骨髄腫20~30人、その他の疾患を合わせて130~150人程度です。常時40人前後の患者さんが入院されています。無菌病室15病床(うち高密度無菌室2床)を有し、最近の一年当たり移植件数は約20件。血液悪性疾患患者に対しては、抗癌剤治療、分子標的療法、分化誘導療法、抗体療法、放射線治療、造血幹細胞移植療法などを組み合わせた集学的治療を実施しています。

(4)診療体制


血液内科の医師10名の他、輸血部、難治感染症部、保健学科などからの応援を受け、総勢15名で月~金の毎日3つの診察室に別れて、外来患者さんの診察に従事しています。これとは別に、血友病外来、特殊薬物治療外来、移植ドナー外来などの特殊外来も開設しています。また入院患者さんに対しては、さらに5~6名の医師が加わりチームを組んで診療に当たっています。治療方針は、緊急時を除き、毎週開催される当科の全症例カンファレンスの場で決定しています。血液内科では、抗癌剤や血液製剤を用いて治療を行うことが多く、PET検査や放射線治療に対応するため、薬剤部、輸血部、放射線科とも緊密な連携を取っています。また、腫瘍性疾患を患っての長期入院により不眠やうつ症状などを呈することもありますが、精神科の協力を得ながらそのサポートに当たっています。また、すでに他の病院で診療を受けている患者さんを対象とした「セカンドオピニオン外来」も、随時開設しています。

(5)先進医療


国内未承認薬の使用が可能になるよう様々な「治験」を進めています。また、将来の臨床応用に向けて新規薬剤の研究開発も行っています。学内にあるGMP準拠細胞加工センターを利用した「ウイルス抗原特異的リンパ球療法」なども実施しています。先進医療を含めた診療に関するセカンドオピニオンも随時受け付けています。

科長の名前

清井仁(教授)