診療科

消化器外科一

医学部研究科講座へはこちら 「腫瘍外科学」


腫瘍を中心とした疾患にベテランスタッフが万全を期す

術前診断、手術治療、周術期管理および術後化学療法、再発癌に対する治療を行います。

診療科概要

部門紹介
 腫瘍外科では肝胆膵疾患を中心に、食道癌などを扱う上部消化管、大腸癌などを扱う下部消化管、乳腺・内分泌の4本柱で研究、診療、教育を行っています。附属病院の診療科としては、消化器外科1と乳腺内分泌外科の一部を担当しています。

特色
 門脈+肝動脈の切除再建、肝膵同時切除など他施設ではほとんど行われないような超高難度手術にも積極的に取り組んでいます。胆道癌には放射線療法や化学療法で科学的に有効性が証明されたものはなく、外科的切除が唯一治癒の可能性がある治療法です。したがって、更なる術式の改良や術前・術後管理の工夫により、“メスの限界を極める”ことがわれわれ外科医の使命と考えます。しかし、メスの力にも限界があるのは明らかで、予後を改善するにはTranslational researchに基づいた新しい診断・治療法の開発が必要です。われわれはsiRNAを用いた胆道癌・膵癌治療の研究を精力的に行っており、癌性腹膜炎患者に対する臨床応用の目処が立ちつつあります。
 胆道癌以外にも、食道癌・胃癌、大腸癌の外科治療も積極的に進めています。胸部食道癌には3領域リンパ節郭清を伴う切除を標準術式とし、他臓器浸潤を伴った高度進行食道癌に対する術前化学放射線療法後の根治切除やStage I症例に対する胸腔鏡下食道切除術、腹腔鏡補助下胃管作成術も積極的に行っています。早期結腸癌に対しては既に腹腔鏡下手術を導入しており、進行結腸癌や早期直腸癌にも適応を拡げる予定です。侵襲の大きな手術のため一般施設ではあまり行われませんが、骨盤内局所再発や進行多発肝転移に対しても積極的な外科治療を行い、この領域でも“メスの限界を極める”努力をしています。

独自のホームページへ