診療科

手の外科

医学部研究科講座へはこちら 「手の外科学」


手に特化した専門性の高い最新治療や研究・開発

肩甲帯から手に至る上肢の筋骨格系障害や外傷、神経麻痺、循環障害、先天奇形などの治療を専ら行っています。

診療科概要

《対象疾患》
骨折・脱臼、腱・靱帯損傷、上肢作業関連性疾患・スポーツ傷害、絞扼性神経障害、外傷性神経損傷、痙性麻痺手、上肢関節疾患・拘縮、四肢切断、骨関節感染症、循環障害および骨無腐性壊死、腫瘍、腫瘍性病変。

《特色》
上肢の難治性骨関節障害の治験、末梢神経障害による麻痺、手の再建や疼痛治療、拘縮手に対する拘縮解離および筋骨格再建、上肢循環傷害の治療、小関節障害に対する低侵襲手術、先天奇形、手の機能再建。

《診療実績》
内視鏡。手術用顕微鏡を駆使した低侵襲手術に力を入れており、手関節鏡視下手術の実績は1,000例を超え日本屈指の件数を誇っています。末梢神経麻痺の治療でも最新治療技術の導入を進めています。

《診療体制》
上肢の疾患や外傷に習熟した5名の医師が、週5日間の専門外来と年間400例の手術を実施しています。5名の作業療法士が医師とのカンファレンスを通じて個々の患者に対応した後療法を実践しています。

《先進医療》
複合組織移植による上肢機能再建を実施しており、研究では末梢経障害治療材料、人工骨、骨折治療材料、上肢リハビリテーション支援機器の開発を進めています。特許は過去3年間に認定3件、出願中4件を数えます。

 

科長の名前

平田 仁(教授)