病院概要

特定機能病院

名古屋大学医学部附属病院は、平成7年2月に厚生労働省より「特定機能病院」として承認されました。

  特定機能病院は、一般医療機関では実施することが難しい手術や先進医療・高度医療などの高度でより専門的な医療を提供することが求められ、一般の病院や診療所からの紹介を受け、受診することが原則となっています。
  当院への受診を希望される方は、まず、かかりつけ医や一般病院に相談され、症状に応じて、その医療機関から当院の病診連携室を通して診療の予約をとり、紹介状を持って受診いただくようお願いいたします。詳しい方法は、「名大病院へのご紹介方法」にご案内しております。
  紹介状をお持ちでない方も受診できますが、その場合、診療費の他に保険外併用療養費制度に係る料金として、本人の場合5,400円をお支払いいただく必要がありますので、紹介状持参による受診をお勧めいたします。
  また、当院での診療の状況により、紹介元や一般病院などへの転医・転院のご紹介をさせていただくこともありますので、あらかじめご理解を賜りますようお願いいたします。

 

2016年4月1日現在