宣言・方針

医療の質・安全について

1.基本的な考え方

「人は誰でも誤る(ミスを犯す)」「事故は起こるものである」ということを常に認識し、絶対の安全確保は不可能であるとしても、絶対の安心を提供するべく、日々努力します。誰が誤ったか(ミスを犯したか)ではなく、何が原因であったかという視点に立ち、個人の問題ではなく、組織の問題として、医療の安全性の向上を考えています。

2.医療安全の体制

病院長直属の組織として、医療の質・安全管理部があり、副病院長が部長を兼任し、看護師リスクマネジャーを配置しています。各診療科や部署から要因が選出され、医療の質向上と安全推進委員会-医療の質・安全管理部運営会議という組織体制で、定期的に会議を開き、緊急事態には、昼夜を問わず対応しています。

3.過ちから学ぶ

院内報告システムを通じて集められた事例は、緊急性と重大性に応じ、随時、分析と対策が行われています。
直ちに対策が講じられる事例から、外部の有識者主導で調査が行なわれる事例まで、さまざまなケースがあります。

4.現在の取り組み

2002年に発生した医療事故を原点にして、不幸にして、医療事故が発生してしまった場合には、「いかに患者様とご家族を守り、影響を最小限にするか」を最優先させ、力を尽くして治療に当たるとともに、隠さない(信用の保持)、ごまかさない(正確な情報)、逃げない(誠実な対応)の3原則を踏まえて、患者さんとご家族に対応しています。