宣言・方針

職業倫理・臨床倫理における基本方針

職業倫理

1.私たちは,職業の尊厳と責任を自覚し,生涯学習の精神の下,常に自己研鑽に努め,医学及び医療の進歩と発展に尽くします。

2.私たちは,患者さんの人格を尊重し,思いやりの心で接するとともに,公正に医療を提供します。

3.私たちは,患者さんの自己決定権を尊重し,診療内容について誠実に説明し,信頼関係の構築に努めます。

4.私たちは,患者さんのプライバシーを尊重し,職務上の守秘義務を遵守します。

5.私たちは,互いに協力して,安心安全で最良の医療を提供するよう努めます。

6.私たちは,医療の公共性を重んじ,医療を通じて社会の発展に尽くします。

 

臨床倫理における基本方針

1.患者さんの利益を最優先とし,国籍,人種・民族,信条,年齢,性別,職業,地位などに左右されることなく,公正かつ公平な医療を提供します。

2.患者さんの権利,生命の尊厳に関わる次の問題については,医療倫理委員会において,十分に審議を行い治療方針を決定します。
 (1)安楽死,尊厳死,延命治療などの生命の尊厳に関わる問題
 (2)遺伝子治療,人工臓器などの新しい治療技術
 (3)信仰,信条に関わる問題


3.医療の発展のため,及び最良の医療を提供するため,積極的に臨床研究を行うとともに,その実施に当たっては,生命倫理審査委員会において十分に審議を行います。

4.医療・倫理に関する関係法規,ガイドラインなどを遵守して診療を行います。
 ・臓器移植に関わる法規
 ・母体保護に関わる法規
 ・胎児診断,生殖補助医療に関わるガイドライン
 ・医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令
 ・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
 ・ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針
 ・遺伝子治療等臨床研究に関する指針
 ・再生医療等の安全性の確保等に関する法律
 ・遺伝学的検査に関するガイドライン
 ・ヒト遺伝情報に関する国際宣言
 ・ヘルシンキ宣言 など