宣言・方針

臓器提供意思表示カード保持者に対する方針

臓器提供意思表示カード保持者に対する方針  本院は、「患者さんの権利と責務に関する宣言」で謳っているとおり、患者さんご本人の意思を尊重し、よりよい医療の提供に努めています。これは、終末期や死に際しても、何ら変わらないものです。

また、本院は、現在、肝臓、腎臓、小腸移植の認定施設であり、肝移植と腎移植を中心に、東海地方の臓器移植医療のセンター的役割を果たしております。

「臓器提供意思表示カード」(ドナーカード)は、臓器提供に関する意思を表すものであり、本院では、臓器提供意思表示カードを持たれている患者さんご本人の意思を最大限尊重しています。

2015年1月26日 現在