トップページニュース 若手研究者企画よる第7回NAGOYAグローバルリトリートを開催しました

ニュース

若手研究者企画よる第7回NAGOYAグローバルリトリートを開催しました

若手研究者企画よる第7回NAGOYAグローバルリトリートを開催しました

■■■運営委員長(脳とこころの研究センター/精神医学・特任講師・森大輔)からの挨拶■■■

 

2015年2月13日(金)~14日(土)は天候にも恵まれまして201名に参加して頂き、
第7回NAGOYAグローバルリトリートは盛会の内に終了しました。


 
第5回まではGCOEだった主催が前回の第6回から医学系研究科(研究科長高橋雅英教授)に引き継がれ、対象講座が広がったことで実に多くの研究施設から活発な研究者間の交流がありました。

 

特別講演の宮脇敦史先生と堀田秋津先生には、科学の最先端ではどういうことが行われているか、最新のテクノロジーだけでなく未知の分野をどのように切り開いていくかという思想をも語っていただきました。

 

研究奨励賞講演では循環器内科学の片岡義之先生、早川智子先生、腫瘍病理学の翁 良先生にすでに高い評価を得た論文の内容をお話いただきました。

 

今回リトリートでの開催としては初となるフラッシュトークセッションでは、28名のプレゼンターが4分間の持ち時間で、英語にて発表しました。
多くの留学生のみなさんに生き生きと発表していただき、日本人の演者のみなさんもたいへん印象的なプレゼンテーションをされていました。

 

参加施設の講座長の推薦を受けた演者の先生からも素晴らしい講演をいただき、
夜のポスターセッションでも活発な議論が酌み交わされ、その盛り上がりは、恒例のナイトセッションまで続きました。

 

今後このリトリートがきっかけとなった共同研究から科学史に残るような研究成果が生まれることを期待しています。
今回参加頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

■■■Nagoyaグローバルリトリート推進室■■■  

TEL: 052-744-1946

FAX: 052-744-1917

E-mail: coemed@med.nagoya-u.ac.jp