トップページ研究トピックス 2012年度

研究トピックス

2012年度

English Page

ニュースリリース

2013.03.18.低血清培養脂肪由来間葉系幹細胞は免疫調整型マクロファージを誘導して半月体形成性糸球体腎炎を軽減する (PDFファイル 2.9MB)

2013.03.05.TLR4-MD-2複合体の内因性リガンドであるグロボテトラオシルセラミドは、その受容体機能をマイナスに調節する (PDFファイル 869KB)

2013.02.27.プラズマにより体液、組織液、培養液を抗がん剤に ~プラズマ照射溶液による抗腫瘍効果の新たな細胞内分子機構を解明~ (PDFファイル 655KB)

2013.01.29.熱ショック因子1(HSF-1)は球脊髄性筋萎縮症の病変分布決定に影響を与える。(PDFファイル 839KB)

2013.01.18.思春期のストレスは神経エピジェネティクス機構の障害を引き起こし、成体の行動パターン・神経系を障害する <名城大学他との共同研究>(PDFファイル 608KB)

2012.11.30.幹細胞培養液を用いた歯周病の再生治療~細胞移植を行わず歯周組織の再生に成功 名大病院などで臨床研究開始~ (PDFファイル 453KB)

2012.10.29.老化マウスから作製したiPS細胞由来神経堤様細胞移植は糖尿病性神経障害を改善する (PDFファイル 672KB)

2012.10.10.糖尿病における心機能不全の新たなメカニズムの解明 (PDFファイル 525KB)

2012.10.01.頭痛薬ナラトリプタンはCGRP-1の発現抑制を介してポリグルタミン関連運動神経変性を抑止する (PDFファイル 621KB)

2012.09.05.心臓から産生されるホルモンの急性心筋梗塞に対する効果を発見。大型動物において効果を確認。 (PDFファイル 533KB)

2012.08.30.鉄過剰による動物発がんモデルでは ヒトのがんによく似た染色体変化を起こす (PDFファイル 1006KB)

2012.08.04.アスベストによる中皮腫発がん機構の解明 ―予防法開発への期待― (PDFファイル 759KB)

2012.07.23.皮下脂肪組織由来の再生細胞を用いてリンパ管再生誘導に成功。マウスでリンパ浮腫改善作用示す (PDFファイル 697KB)

2012.07.01.幹細胞由来成長因子を用いた骨の再生医療 〜細胞移植を行わず骨の再生に成功・名大病院などで臨床研究開始〜 (PDFファイル 120KB)

2012.06.28.老化マウスより作製したiPS細胞から血管の分化誘導に成功、マウスで血流改善作用示す (PDFファイル 734KB)

2012.06.21.新たな遺伝性血栓症の原因を発見 (PDFファイル 297KB)

2012.06.13.血中のEBウイルスDNA量は、NK細胞リンパ腫に対するSMILE療法の治療効果や有害事象の予測に有用 (PDFファイル 397KB)

2012.06.04.マイクロRNAによる神経変性疾患の新規治療法を開発—病態を抑止する根治療法の確立に向けて— (PDFファイル 390KB)

2012.05.29.がんの広がり(浸潤や転移)や傷の回復において細胞の移動をもたらす分子メカニズムを解明 (PDFファイル 471KB)

2012.05.07.急性心筋梗塞に効果のある脂肪由来の善玉ホルモンを発見 (PDFファイル 201KB)