トップページ研究トピックス 2014年度

研究トピックス

2014年度

English Page

ニュースリリース

2015.03.31. 統合失調症モデルマウスを用いた解析で新たな統合失調症病態シグナルを同定
—統合失調症における新たな予防法・治療法開発へ手がかり— (PDFファイル 264.8KB)

2015.03.03. 癌の進展に重要な癌関連線維芽細胞の機能制御のメカニズムを解明 (PDFファイル 298.9KB)

2015.02.12. 間葉系幹細胞由来の新規神経再生因子の同定。幹細胞移植に頼らない神経再生因子による脊髄損傷治療法の開発の可能性 (PDFファイル 313.0KB)

2015.01.13. プラズマ照射溶液による加齢黄斑変性(眼の病気)の新規治療法を開発 (PDFファイル 379.5KB)

2014.11.07. 末梢動脈閉塞性疾患の血管新生破綻機序の一因を発見 (PDFファイル 301.7KB)

2014.11.06. 記憶に関係する新たな分子メカニズムを解明 (PDFファイル 223.0KB)

2014.10.27. 統合失調症発症に強い影響を及ぼす遺伝子変異を、神経発達関連遺伝子のNDE1内に同定した(PDFファイル 1.28MB)

2014.07.30. 心臓から産生されるホルモンの慢性腎臓病に対する保護効果を発見(PDFファイル 211.9KB)

2014.07.25. 細胞が膜分子を選択的に取り込むためのメカニズムを解明(PDFファイル 240.1B)

2014.06.18. 安静状態の脳活動パターンが自閉症スペクトラム傾向に関与している(PDFファイル 2.0MB)

2014.06.04. 虚血性血管新生におけるカテプシンK によるNotch1活性化の新たなメカニズムの解明(PDFファイル 260.4KB)

2014.05.30. 肉腫型中皮腫においては、結合組織成長因子(CTGF)がβカテニンとオートクラインループを形成し活性化している
―肉腫型中皮腫の診断法・治療法開発への期待―(PDFファイル 573.3KB)

2014.05.23. 慢性疲労症候群モデル動物での異常な痛みを抑えることに成功
-脊髄内のミクログリアの活性化が原因の可能性-(PDFファイル 185.0KB)

2014.05.02. がん細胞が集団で浸潤するための分子メカニズムを解明 
-同一集団内で異なるタイプのがん細胞を生み出す機構-(PDFファイル 821.1KB)

2014.05.02. 遺伝病発病のこれまで知られていなかったメカニズムを解明 
―復帰突然変異が原因となる新たな遺伝性疾患発症様式―(PDFファイル 478.2KB)