トップページ研究トピックス 2015年度

研究トピックス

2015年度

English Page

ニュースリリース

2016.03.18. 原発性免疫不全症に対する次世代シークエンサーを用いた網羅的な遺伝子診断法の確立 (PDFファイル 876.8KB)

2016.03.09. 神経因性の先天性多発性関節拘縮症の原因の解明〜先天性多発性関節拘縮症で見られるECEL1/DINE遺伝子の変異は運動神経の分岐異常を起こす〜 (PDFファイル 240.0KB)

2016.03.01. 間葉系幹細胞の新規マーカー分子メフリンの同定と機能解析 (PDFファイル 237.5KB)

2016.02.11. CD8+CD122+CD49dlow制御性T細胞はFas/FasL経路を介した活性化T細胞の傷害によりT細胞の恒常性を維持する (PDFファイル 427.9KB)

2016.02.01. 膠芽腫に対する新たな治療法の開発 〜ポドプラニンに対するキメラ遺伝子改変T細胞受容体T細胞療法〜 (PDFファイル 577.2KB)

2016.01.22. 大規模リン酸化プロテオミクス解析で快感を生み出すメカニズムを解明 ~脳科学研究のブレイクスルーにより精神・神経疾患創薬への道を拓く ~ (PDFファイル 667.7KB)

2016.01.21. RNA編集異常によって起きる2つの全く異なる疾患~ 遺伝性炎症性神経疾患と遺伝性皮膚疾患を1つに結びつける ~(PDFファイル 625.4KB)

2016.01.15. ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に世界で初めて成功 (PDFファイル 707.7KB)

2016.01.05. 肺がんの治療抵抗性克服に道を拓く (PDFファイル 762.3KB)

2016.01.04. 心不全での心筋細胞死(アポトーシス)を制御する新たな責任メカニズムとしての神経代謝制御ホルモングルカゴン様ペプチド1(GLP-1)/EPAC1/Rap1シグナルの役割 (PDFファイル 261.0KB)

2015.12.08. 肺がんの新規治療法開発 (PDFファイル 198.0KB)

2015.11.27. ランソプラゾールはTNF受容体関連因子6 のポリユビキチン化を亢進しRunx2を介した骨芽細胞分化を促進する (PDFファイル 338.9KB)

2015.11.24. 抗てんかん薬•抗パーキンソン病薬ゾニサミドは脊髄運動神経の軸索延長を促進する (PDFファイル 232.3KB)

2015.11.20. 神経細胞の活動調節に関する新たな分子メカニズムを解明 (PDFファイル 294.8KB)

2015.09.17. 慢性低ナトリウム血症は、歩行障害、記憶障害などの神経心理学的異常をきたす(PDFファイル 604.0KB)

2015.07.03. 適切な初期抗菌治療を受けた肺炎患者における死亡リスク因子を同定
―抗菌薬以外の治療が必要な患者群を明確化し、さらなる予後改善に向けた治療開発への手がかりを示す臨床疫学研究― (PDFファイル 287.4KB)

2015.05.21. RNA結合タンパクFUSの機能喪失による前頭側頭葉変性症(FTLD)の病態発現機構の解明 (PDFファイル 224.2KB)

2015.05.20. リンパ球性漏斗下垂体後葉炎の自己抗原をはじめて同定 ~血液検査による診断法の確立に期待~(PDFファイル 428.6KB)

2015.05.15. 神経変性疾患の発症に関わる“RNA結合タンパクFUS”の機能解明(PDFファイル 346.5KB)

2015.04.14. 悪性脳腫瘍(低悪性度神経膠腫)の遺伝子異常の全体図を解明 -悪性脳腫瘍に関する最大規模のゲノム解析を実施- (PDFファイル 1.2MB)