トップページ学部教育医学科生へのお知らせ 医学科における自然災害等に伴う授業及び定期試験の取扱いについて

医学科生へのお知らせ

医学科における自然災害等に伴う授業及び定期試験の取扱いについて

 台風の来襲若しくは地震等自然災害が発生した場合,又は発生のおそれがあり,警報又は注意情報が発令された場合の医学部医学科専門科目の授業(講義・実習(ポリクリを含む。))及び定期試験の取扱いは,以下の基準によるものとする。


  1. 台風に伴い,名古屋市(医学部医学科所在地)に暴風警報が発令された場合
     
    1)名古屋市(医学部医学科所在地)に暴風警報が発令され,午前6時45分までに解除されない場合は,午前中(1時限,2時限)の授業を休講(試験を中止)とする。
      2)名古屋市(医学部医学科所在地)に暴風警報が発令され,午前11時00分までに解除されない場合は,午後(3時限~5時限)の授業を休講(試験を中止)とする。

    [注意事項]
      ・暴風警報が発令された際,既に大学に登校している場合は,危険な状況になる前に帰宅すること。
      ・登校途中に暴風警報が発令された場合は,登校せず,帰宅すること。
      ・授業等の最中に暴風警報が発令された場合は,担当教員の指示に従うこと。

  2. 地震が発生した場合
     
    授業等の最中に地震が発生したときは,地震の規模や周りの状況を冷静に判断し,まず身の安全を図ること。
      大学の災害対策統括本部等から各授業担当教員に対し,授業等を速やかに中断し,二次災害防止の措置を講じ,避難するように連絡があった場合は,担当教員の指示に従って指定された避難場所へ避難すること。

  3. 「東海地震注意情報」が発表された場合
     
    授業等の最中に「東海地震注意情報」が発表された場合は,大学の災害対策統括本部から,各授業担当教員に対し,授業等を速やかに中断し,二次災害防止の措置を講じ避難するように通知があるため,担当教員の指示に従い,指定された避難場所へ避難又は帰宅すること。
      また,登校途中の場合は帰宅し,登校前の場合は自宅で待機すること。

  4. 「東海地震注意情報」が発表された後,「安全情報」が発表になった場合
     
    1)「安全情報」が,午前6時45分までに発表になった場合は,第1時限から授業を実施する。
      2)「安全情報」が,午前11時00分までに発表になった場合は,午後から授業を実施する。

  5. その他,災害が発生した場合若しくは発生のおそれがある場合
      上記以外の場合において,授業等を実施することが困難であると予想されるときは,医学部長が休講措置等の判断を行い,その旨掲示する。

  6. 代替措置
     
    上記により中止となった場合の授業及び試験の実施期日は,改めて掲示により通知する。

  7. 自然災害により被害を被った場合
     
    学生若しくは家族が自然災害により被害に遭った場合は,速やかに学務課に届け出ること。

  附則

 この申合せは,平成17年11月16日から実施する。

  附則

 この申合せは,平成22年6月14日から実施する。