トップページ学部教育医学部附属総合医学教育センターへリンク スキルス&ITラボラトリー

医学部附属総合医学教育センターへリンク

スキルス&ITラボラトリー

スキルス&ITラボラトリーの概要

近年、全世界的に教育病院を含む医育機関では、医療技能を効果的効率的に教育するため、また、医学生や研修医が学自習をするため、実際の医療現場を模した様々な擬似環境(clinical skills simulation laboratory)を活用している。これら環境を用いた教育の有効性は医学医療の領域だけでなく、様々な職種の職能訓練に有効であることが証明されている。

我々のラボは、ACLSをはじめとする蘇生教育のための技能訓練の装置や機器を備えているだけでなく、患者との医療面接に必要な臨床態度の訓練のための部屋も備えている。

医学知識や臨床思考力を習得するために、種々の医療場面をコンピューターを用いて再現する機器も利用可能である。これが、スキルス&ITラボラトリーと呼ばれる所以である。


<利用実績>
 年間1,000組以上、利用人数の概数は延べ8,600人と日本最多です。



In recent years and all over the world, medical teaching institutes, including teaching hospitals, supply various simulated situations or equipments (clinical skills simulation laboratory) that mimic the actual medical scenes for medical instructors to teach medical skills effectively and efficiently and for medical students or hospital residents to train by themselves in undergraduate and postgraduate clinical training programs. It is certified that using these kinds of laboratory is valid for not only medical education but also various professional training.

Our laboratory has equipments for clinical skills training, such as resuscitation training programs like ACLS (Advanced Cardiovascular Life Support), and also training rooms for clinical attitude, such as medical interviews to patients.

To acquire medical knowledge and clinical reasoning, learners can utilize computer-assisted instruction that reproduces various medical scenes, which is why our laboratory is named as Skills & IT Laboratory.

スキルス&ITラボラトリーHP

BLS講習会の様子
CV講習会の様子