トップページ学部教育 科目紹介(社会医学系)

学部教育

科目紹介(社会医学系)

法医学

法医学は、法律上問題となる医学的事項について研究する学問であり、法律だけではなく、生命倫理等、人文的な領域とも学際的に関わっています。当教室では、最新の質量分析法を用いた薬毒物や生体分子の高感度分析法の開発を主に行っております。また、DNA鑑定も研究テーマとしています。

環境労働衛生学

環境及び労働に起因する健康障害について研究し、それらを予防することを目標とする学問分野です。総論として、衛生学総論、毒性学総論、環境衛生学総論、労働衛生学総論を学習し、その後種々の環境要因の各論(有機溶剤、吸入性物質、農薬類、その他の有害化学物質、金属、物理的要因、労働態様、メンタルヘルス等)及び労災補償等の社会的側面について学習します。

国際保健医療学・公衆衛生学

国内外の公衆衛生上の課題と、人々の健康を守る仕組みについて学ぶ分野です。公衆衛生とは、疾病予防と生命延長、および身体的・精神的健康の増進を図るための科学と、健康を守り増進するための政策や仕組み作りを進める技術のことであり、集団の健康を対象としています。日本国内および世界の保健医療状況とその変遷、生活習慣病や感染症などの疫学と予防対策、健康に影響を及ぼす社会的要因、保健医療政策と社会保障制度などについて研究します。

予防医学

予防医学は、健康に影響する要因や疾病を予防する方法を探究する学問です。当教室では癌、循環器疾患、難病に関する疫学研究を実施し、生活習慣と遺伝的体質の役割について研究を行っています。