トップページ大学院教育授業案内「基盤医学特論」TOKURON ※要確認 大学院生の方へ 履修について 

授業案内「基盤医学特論」TOKURON

※要確認 大学院生の方へ 履修について 

 

各専門分野が開講する講義を、入学から2~3年以内に10回以上受講してください。

どの専門分野を受講しても構いません。

受講の際には、必ず「基盤医学特論 履修票」を持参し、

受講すると受講確認として、日付の記入と実施講座の長の押印がされます。

履修票に日付の記入と押印がない場合は、無効となります。

「基盤医学特論 履修票」を紛失した場合には再発行できますが、

最初から講義を受け直していただくことになります。

 

基盤医学特論は特徴あるプログラムとして開講される場合があります。

この場合、履修票は、基盤医学特論と特徴あるプログラムの両方には日付の記載と押印をされません。

どちらか一方での履修となりますので、ご自身で希望される履修票を持参ください。

 

平成24年度以前に入学された大学院生には、引き続きグローバルCOEの履修が必要です。

グローバルCOEプログラムの講義は、特徴あるプログラム内のコースで開講されます。

特徴あるプログラムの開講通知をご確認ください。

グローバルCOEの履修票の提出先は、ご自身が所属する講座の長宛てです。

 

基盤医学特論の実施日及び講義内容については、

「基盤医学特論専用 Google Calender」 にも掲載しております。

IDとパスワードについては、新入生ガイダンス時にお渡ししております。

分からない場合は大学院掛までお問い合わせください。(TEL:052-744-2422)

また、ご自身のGoogle Calender から基盤医学特論専用カレンダーを表示することが可能です。

方法については、以下をご参照ください。

 

 

 

 

ご自身のGoogle Calenderから基盤医学特論専用カレンダーを表示する方法について