トップページ大学院教育授業案内「基盤医学特論」TOKURON 2014年12月

授業案内「基盤医学特論」TOKURON

2014年12月

■■■2014.12.02 臨床試験計画と倫理 (特徴あるプログラム同時開講) Design for Clinical Trials and its Ethics

■■■2014.12.05 Information on Special Seminar 2014 Lecture 1: Life environment and life-styles that may affect health of the people in Bauniabad, Dhaka and other poor communities in Bangladesh バングラデシュ都市部貧困地域における健康に関する生活環境と生活習慣 Lecture 2: Life environment and life-style related to any health issues in Mekelle, Ethiopia エチオピア、メケレにおける健康に関する生活環境と生活習慣

■■■2014.12.08 脂肪由来ホルモンレプチンのトランスレーショナルリサーチ(特徴あるプログラム同時開催) Translational Research of Adipocyte-Derived Hormone, Leptin

■■■2014.12.09 臨床試験の実際1:開始から終了までの流れ(特徴あるプログラム同時開講) Practice of Clinical Research 1 : From planning to execution

■■■2014.12.10 ES細胞・iPS細胞を用いた神経疾患研究(特徴あるプログラム同時開講) Pluripotent Stem Cells and Neurological disorders

■■■2014.12.10 臨床試験シリーズ12:非臨床試験からヒトへの安全性を考える臨床試験の準備 Non-clinical toxicity tests to perform until a clinical trial

■■■2014.12.11 スペシャルポピュレーションにおける適切ながん薬物療法(特徴あるプログラム同時開講) Appropriate cancer chemotherapy in special populations

■■■2014.12.12 グリアと神経変性疾患(特徴あるプログラム同時開講) The role of glial cells in neurodegenerative disease

■■■2014.12.16 臨床試験の実際2:企画、立案、運用 Practice of Clinical Research 2: Project, Planning and Management

■■■2014.12.16 第3回 脳とこころの研究センタープログレスレポート会議(於 東山・教育学部) The 3rd Brain & Mind Research Center Progress Report Meeting (Kyouiku-gakubu in HIGASHIYAMA) 1. 信頼性の知覚と学習 "Perception and learning of others' trustworthiness" 2. 認知課題による感情の自動消失 "Implicit attenuation of emotion by cognitive activity"

■■■2014.12.17 UCSC Genome Browserの使い方 How to use the UCSC Genome Browser (Venue changed)

■■■2014.12.17 生物時計を基盤とした時間医薬研究の可能性(於 東山・環境医学研究所) Unexpected Seeds for Unmet Medical Needs: From Circadian Clock Studies (Kankyou-Igaku-Kenkyujyo in HIGASHIYAMA)

■■■2014.12.18 医薬品開発と臨床試験の活性化をめざして Strategies to Encourage Drug Development and Clinical Trials in Japan

■■■2014.12.19 聴覚情報処理の状態依存性と細胞腫特異性(於 東山・環境医学研究所) State-dependent and cell-type-specific auditory information processing (Kankyou-Igaku-Kenkyujyo in HIGASHIYAMA)

■■■2014.12.20 iPS細胞の臨床応用―基礎研究から臨床へ