トップページ大学院教育授業案内「基盤医学特論」TOKURON 2015年1月

授業案内「基盤医学特論」TOKURON

2015年1月

■■■2015.1.11 質的研究:概要と医学研究への応用(メールにて事前にお申込みください) Qualitative research: Outline and application to medical research (Registration Required by e-mail)

■■■2015.1.13 アデレード大学教授による特論■■■Lecture 1: Professor Alastair D Burt, Executive Dean, Faculty of Health Sciences, The University of Adelaide "Liver fibrosis: spanning the translational spectrum" (肝線維症:経時的複合変性の分子病理学的解析)■■■Lecture 2: Professor Richard Russell, Pro Vice-Chancellor, The University of Adelaide
"Cherry Blossom and the Southern Cross - a New Opportunity for Doctoral Students to Study in Australia and Japan" (桜と南十字星―博士課程の学生への新しいチャンス オーストラリアと日本で研究する)

■■■2015.1.15 臨床試験の実際3:レギュラトリーサイエンス Practice of Clinical Research 3: Regulatory Science (特徴あるプログラム同時開講)

■■■2015.1.15 第1講義「日本のグリア研究のこれまでの歩みと将来の方向性」 第2講義「多発性硬化症とオリゴデンドロサイト―病理病態から治療まで―」(於 環境医学研究所) (Kankyou-Igaku-Kenkyujyo in Higashiyama)

■■■2015.1.19 医学を理解するためにもう一度学ぼう免疫生物学1 Immunobiology for medicine

■■■2015.1.19 臨床試験シリーズ13:医薬品医療機器総合機構(PMDA)における審査業務 Clinical Trial Training 13: The Overview of Review Process for New Pharmaceuticals in the PMDA

■■■2015.1.22 なぜ中年太りするのか?視床下部SIRT1による体重調節機の解析(東山・環境医学研究所) Why do organisms gain weight in middle age? Weight control mechanism by hypothalamic SIRT1. (Knkyo-Igaku-Kenkyujyo in Higashiyama)

■■■2015.1.22 日本人統合失調症患者の遺伝的要因の同定 Identification of genetic factors related to the schizophrenia in Japanese population (特徴あるプログラム同時開講)

■■■2015.1.26 アラブ首長国連邦の医療事情(開講通知を訂正いたしました。本講義は特徴あるプログラムではありません。This program is not TOKUPRO.)

■■■2015.1.27 New genetic and non-genetic mechanisms influencing inter- and intra-individual variability of drug metabolism and drug response in humans.

■■■2015.1.27 臨床試験シリーズ14:薬事戦略相談の事業概要とその活用 Overview of Pharmaceutical Affairs Consultation, and its utilization.

■■■2015.1.29 CRPS, a small-fiber predominant mononeuropathy

■■■2015.1.30 脳機能発達と環境因子 Roles of environmental factors in brain development

■■■2015.1.30 脳内報酬系を制御するシグナル伝達 Signal transduction in the brain reward system (特徴あるプログラム同時開講)