トップページ大学院教育授業案内「基盤医学特論」TOKURON 2017年1月 January 2017

授業案内「基盤医学特論」TOKURON

2017年1月 January 2017

■■■2016.1.12 免疫チェックポイント阻害剤の現状と展望 Current and Future Perspectives of Immune Checkpoint Inhibitors (化学療法学/Clinical Oncology and Chemotherapy)

■■■2016.1.17 iPS細胞を用いた脳科学研究 Brain science research using iPS cells (精神医学/Psychiatry)

■■■2016.1.19 脳卒中に対する細胞療法の現状と将来 Recent advance of cell therapy for brain attack (脳神経外科学/Neurosurgery)

■■■2016.1.19 (RIEM 環境医学研究所 連続講義) Lecture 1: ヒト細胞におけるオーキシンデグロン技術の利用 Applying the auxin-inducible dgeron technology to human cells ☐☐☐ Lecture 2: DNA二本鎖切断修復経路を最適化するための時空間制御システム Spatiotemporal regulation of DNA double strand break repair pathway choice ☐☐☐ Lecture 3: ゲノム不安定性におけるDNA損傷シグナル/修復機構と蛋白質恒常性維持機構の共役 Crosstalk between DSB signaling/repair and Protein Homeostasis in genome instability (RIEM 分子機能薬学/Molecular Pharmaco-Biology, 発生・遺伝学/Teratology and Genetics)

■■■2016.1.19 FTLD/ALSの病態におけるFUSの役割 Quality loss of function of FUS in FTLD/ALS (Neuroscience Course)

■■■2016.1.20 観察研究データの質向上と解析のための準備 Observational data analysis and its quality control (先端医療・臨床研究支援センター)

■■■2016.1.20 Lecture 1: 「国連で世界トップ10に選ばれた名古屋大学:その現状と課題」☐☐☐Lecture 2: 「名古屋大学における男女共同参画推進の取り組み」☐☐☐Lecture 3: 「医学部における女性リーダーの育成」☐☐☐Lecture 4: 「持続可能なワークライフバランスの実現を目指して」☐☐☐Lecture 5: 「男性医師 のワークライフバランスを考える」ほか (「医学生、研修医等をサポートするための会」産婦人科学/OBGY)

■■■2016.1.27 日本人統合失調症患者の遺伝的要因の同定 Identification of genetic factors related to the schizophrenia in Japanese population (Neuroscience Course)

■■■2016.1.27 Mechanisms of Axonal Growth and Regeneration (神経情報薬理学/Cell Pharmacology)

■■■2016.1.30 重粒子線治療開発の経緯と今後の展望;日本の医療機器開発に携わって Management of heavy metal irradiation system in Japan (脳神経外科学/Neurosurgery)