トップページ研究室紹介(基礎医学領域)先端応用医学(協力) オミクス解析学(医真菌)

先端応用医学(協力)

オミクス解析学(医真菌)

分子標的治療学分野

研究の概要

 当研究室では、がん化学療法剤の標的である、DNAトポアイソメレース並びに微小管について、分子遺伝学的・細胞生物学な手法を駆使した研究を行っている。同時にこうした化学療法や免疫療法の際にしばしば問題となる深在性真菌症を中心に真菌の感染制御機構の解明とDNAトポアイソメレース遺伝子を標的とした感染診断法の確立を目刺している。
 また、真菌は非常に単純な真核生物として、私たちの体を構成している細胞の基本的特徴をすべて備えており、全ゲノム情報が次々と明らかにされている。真核生物に共通した構造、機能、そして生理を理解するためのモデルとして、真菌を使ったポストゲノム研究を推進している。

構成員名/英名表記 役職 所属
中川 善之/NAKAGAWA yoshiyuki
詳しくはこちら→
准教授分子標的治療学分野
神戸 俊夫/KAMBE Toshio
詳しくはこちら→
講師分子標的治療学分野
紅 朋浩/AKASHI Tomohiro
詳しくはこちら→
助教分子標的治療学分野