トップページ研究室紹介(基礎医学領域)免疫不全統御学(連携) 免疫不全統御学(名古屋医療センター)

免疫不全統御学(連携)

免疫不全統御学(名古屋医療センター)

研究室概要

後天性免疫不全症候群(AIDS)は、免疫不全ウイルス(HIV)によって惹き起こされる死に至る重篤な疾患です。近年、AIDS/HIV感染症に対する抗ウイルス薬剤治療が進歩し、その予後が大きく改善されました。しかし、AIDS/HIV感染症の治療は未だ根治には至っておらず、慢性疾患のごとく長期に服用を続けなければなりません。本研究室では、AIDS/HIV感染症に対して宿主(ヒト)がどのように対処しているのか、また抗ウイルス薬剤治療によりHIVがどのように変化をして薬剤より逃避するのか(薬剤に対する耐性化)、その機序を分子レベルで解明するための研究に取り組んでいます。

研究実績

論文 (2007年以降) 
Suzuki S, Urano E, Hashimoto C, Tsutsumi H, Nakahara T, Tanaka T, Nakanishi Y, Maddali K, Han Y, Hamatake M, Miyauchi K, Pommier Y, Beutler JA, Sugiura W, Fuji H, Hoshino T, Itotani K, Nomura W, Narumi T, Yamamoto N, Komano JA, Tamamura H; Peptide HIV-1 Integrase Inhibitors from HIV-1 Gene Products. J Med Chem. in press. 2010


Saeng-aroon S, Tsuchiya N, Auwanit W, Ayuthaya PI, Pathipvanich P, Sawanpanyalert P, Rojanawiwat A, Kannagi M, Ariyoshi K, Sugiura W; Drug-resistant mutation patterns in CRF01_AE cases that failed d4T+3TC+nevirapine fixed-dosed, combination treatment: Follow-up study from the Lampang cohort. Antiviral Res. 87: 22-29. 2010


Ibe S, Yokomaku Y, Shiino T, Tanaka R, Hattori J, Fujisaki S, Iwatani Y, Mamiya N, Utsumi M, Kato S, Hamaguchi M, Sugiura W; HIV-2 CRF01_AB: first circulating recombinant form of HIV-2. J. AIDS. 54: 241-247, 2010


Matsuyama S, Aydan A, Ode H, Hata M, Sugiura W, Hoshino T; Structural and energetic analysis on the complexes of clinically isolated subtype C HIV-1 proteases and approved inhibitors by molecular dynamics simulation. J Phys Chem B. 114: 521-30, 2010


Iwatani Y, Chan DS, Liu L, Yoshii H, Shibata J, Yamamoto N, Levin JG, Gronenborn AM, Sugiura W; HIV-1 Vif-mediated ubiquitination/degradation of APOBEC3G involves four critical lysine residues in its C-terminal domain. Proc Natl Acad Sci U S A. 106: 19539-44, 2009


Hasegawa N, Sugiura W, Shibata J, Matsuda M, Ren F, Tanaka H; Inferring within-patient HIV-1 evolutionary dynamics under anti-HIV therapy using serial virus samples with vSPA. BMC Bioinformatics 10: 360, 2009


Land S, Cunningham P, Zhou J, Frost K, Katzenstein D, Kantor R, Chen YM, Oka S, DeLong A, Sayer D, Smith J, Dax EM, Law M, Kang L, Yam WC, Chen J, Oka S, Bi X, Sugiura W, Kumarasamy N, Madhavan V, Saravanan S, Ng KP, Kamarulzaman A, Stevens W, Wallis C, Chen YM, Chen YJ, Sutthent R, Ruxrungtham K, Sirivichayakul S, Chantratita W, Piroj W, Watitpun C, Winters M, Katzenstein D, Balamane M, Lien TT, Thanh TC; TREAT Asia Quality Assessment Scheme (TAQAS) to standardize the outcome of HIV genotypic resistance testing in a group of Asian laboratories. J Virol Methods 159: 185-93, 2009


Pan XC, Deng YB, Sugawara Y, Makuuchi M, Okabe M, Ochiya T, Sugiura W, Kitazawa Y, Fuji N, Li XK, Miyamoto M, Kimura H; Immunological behavior of enhanced green fluorescent protein (EGFP) as a minor histocompatibility antigen with a special reference to skin isograft and specific regulation of local graft-versus-host reaction (GvHR). Immunol Lett. 123: 103-13, 2009


Deforche K, Camacho RJ, Grossman Z, Soares MA, Van Laethem K, Katzenstein DA, Harrigan PR, Kantor R, Shafer R, Vandamme AM; non-B Workgroup; Bayesian network analyses of resistance pathways against efavirenz and nevirapine. AIDS 22: 2107-2115. 2008


Bandaranayake RM, Prabu-Jeyabalan M, Kakizawa J, Sugiura W, Schiffer CA; Structural analysis of human immunodeficiency virus type 1 CRF01_AE protease in complex with the substrate p1-p6. J Virol. 82: 6762-6766. 2008


Okuma K, Tanaka R, Ogura T, Ito M, Kumakura S, Yanaka M, Nishizawa M, Sugiura W, Yamamoto N, Tanaka Y; Interleukin-4-transgenic hu-PBL-SCID mice: a model for the screening of antiviral drugs and immunotherapeutic agents against X4 HIV-1 viruses. J Infect Dis. 197:134-141. 2008


Saeng-Aroon S, Yoshida LM, Ariyoshi K, Taguchi M, Pathipvanich P, Rojanawiwat A, Matsuda M, Kannagi M, Sawanpanyalert P, Sugiura W, Auwanit W; An efficient tool for surveying CRF01_AE HIV type 1 resistance in Thailand to combined stavudine-lamivudine-nevirapine treatment: mutagenically separated PCR targeting M184I/V. AIDS Res Hum Retroviruses 23: 1462-1468. 2007


Iwatani Y, Chan DS, Wang F, Maynard KS, Sugiura W, Gronenborn AM, Rouzina I, Williams MC, Musier-Forsyth K, Levin JG; Deaminase-independent inhibition of HIV-1 reverse transcription by APOBEC3G. Nucleic Acids Res. 35: 7096-7108. 2007


Ode H, Matsuyama S, Hata M, Neya S, Kakizawa J, Sugiura W, Hoshino T; Computational characterization of structural role of the non-active site mutation M36I of human immunodeficiency virus type 1 protease. J Mol Biol. 370: 598-607. 2007


Kassu A, Fujino M, Matsuda M, Nishizawa M, Ota F, Sugiura W; Molecular epidemiology of HIV type 1 in treatment-naive patients in north Ethiopia. AIDS Res Hum Retroviruses 23: 564-568. 2007


Hamatake M, Nishizawa M, Yamamoto N, Kato S, Sugiura W; A simple competitive RT-PCR assay for quantitation of HIV-1 subtype B and non-B RNA in plasma. J Virol Methods 142: 113-117. 2007


Ode H, Matsuyama S, Hata M, Hoshino T, Kakizawa J, Sugiura W; Mechanism of drug resistance due to N88S in CRF01_AE HIV-1 protease, analyzed by molecular dynamics simulations. J Med Chem. 50: 1768-1777. 2007


Gatanaga H, Ibe S, Matsuda M, Yoshida S, Asagi T, Kondo M, Sadamasu K, Tsukada H, Masakane A, Mori H, Takata N, Minami R, Tateyama M, Koike T, Itoh T, Imai M, Nagashima M, Gejyo F, Ueda M, Hamaguchi M, Kojima Y, Shirasaka T, Kimura A, Yamamoto M, Fujita J, Oka S, Sugiura W; Drug-resistant HIV-1 prevalence in patients newly diagnosed with HIV/AIDS in Japan. Antiviral Res. 75:75-82. 2007


Chiba-Mizutani T, Miura H, Matsuda M, Matsuda Z, Yokomaku Y, Miyauchi K, Nishizawa M, Yamamoto N, Sugiura W; Use of new T-cell-based cell lines expressing two luciferase reporters for accurately evaluating susceptibility to anti-human immunodeficiency virus type 1 drugs. J Clin Microbiol. 45: 477-487. 2007


Deforche K, Camacho R, Grossman Z, Silander T, Soares MA, Moreau Y, Shafer RW, Van Laethem K, Carvalho AP, Wynhoven B, Cane P, Snoeck J, Clarke J, Sirivichayakul S, Ariyoshi K, Holguin A, Rudich H, Rodrigues R, Bouzas MB, Cahn P, Brigido LF, Soriano V, Sugiura W, Phanuphak P, Morris L, Weber J, Pillay D, Tanuri A, Harrigan PR, Shapiro JM, Katzenstein DA, Kantor R, Vandamme AM; Bayesian network analysis of resistance pathways against HIV-1 protease inhibitors. Infect Genet Evol. 7:382-390. 2007


Fujisaki S, Fujisaki S, Ibe S, Asagi T, Itoh T, Yoshida S, Koike T, Oie M, Konda M, Sadamasu K, Nagashima M, Gatanaga H, Matsuda M, Ueda M, Masakane A, Hata M, Mizogami Y, Mori H, Minami R, Okada K, Watanabe K, Shirasaka T, Oka S, Sugiura W, Kaneda T; Performance and quality assurance of genotypic drug-resistance testing for human immunodeficiency virus type 1 in Japan. Jpn J Infect Dis. 60: 113-117. 2007


 

総説(和文)(2007年以降)
伊部史朗、杉浦亙; 薬剤耐性HIVの現状と対策. 日本臨床 68: 476-479, 2010


服部純子、杉浦亙; 我が国における薬剤耐性HIVの現状. 感染・炎症・免疫 39: 89-91, 2010


服部純子、杉浦亙; 薬剤耐性の現状. Pharma Medica 27: 39-43, 2009


杉浦亙; HIVの薬剤耐性獲得の分子機構. 日本臨床 67: 43--52, 2009


松田昌和、杉浦亙; HIV 薬剤耐性検査. モダンメデ ィア別冊 53:319-322, 2007.


西澤雅子、杉浦 亙; 薬剤耐性 HIV の抱える諸問題:Considerable Issues of Drug Resistance. The Journal of AIDS Research 9: 197-201, 2007


杉浦亙; 抗ウイルス薬耐性獲得のメカニズム-HIV. 月刊薬事. 49: 31-36, 2007


杉浦亙; 薬剤耐性化と対策.薬剤耐性化. HIVの耐性化機序. 日本臨床 65 増刊号 2:487-492, 2007


杉浦亙; 感染症の治療と薬剤耐性. 生体防御医学 辞典. 朝倉書店.p66-p71, 2007


岩谷靖雅; DNA マイクロアレイ法. 臨床と微生物学 34増刊号: 479-, 2007

大学院入学案内

名古屋大学大学院医学系研究科分子総合医学専攻免疫不全統御学講座では、連携大学院講座として、ウイルスの分子生物学、エイズ/HIV感染症(疫学や臨床研究)、その他関連するウイルス感染症などについて興味のある大学院生、研究生を募集します。本連携講座は、(独)国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター感染・免疫研究部に所在しています。

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
杉浦 亙/SUGIURA Wataru
客員教授免疫不全統御学
岩谷 靖雅/IWATANI Yasumasa
客員准教授免疫不全統御学

研究キーワード

エイズ、HIV、感染症、ウイルス、薬剤耐性、APOBEC3G

研究分野紹介

薬剤耐性HIVの疫学動向調査研究

厚生労働省エイズ対策事業研究班(代表:杉浦亙)の中枢として、当研究室では薬剤耐性HIVの検査・疫学的動向調査などの全国ネットワークを統括・運営しています。具体的には、新規HIV/AIDS診断症例および既治療症例における薬剤耐性HIVの検査・解析により、治療薬剤を選択するための情報を医療現場に提供したり、社会医学研究者と協力して新規HIV感染阻止に向けた予防啓発を行っています。また、米国CDC研究グループをはじめとする各国の薬剤耐性HIV研究グループとの連携により薬剤耐性ウイルスの伝搬情報を共有し、グローバルな視点から薬剤耐性HIVの疫学研究を行っています。そのほかにも、薬剤耐性検査技術の標準化と外部精度管理の中枢機関として国内における薬剤耐性検査の質的管理を行っています。(詳しくは「薬剤耐性インフォメーションセンター」をご覧ください。http://www.hiv-resistance.jp/index.htm

HIV-2/AIDSの疫学的および臨床検査研究

名古屋医療センターでは最近数年間で5例のHIV-2感染患者(邦人)を診断経験しました。HIV-2感染症の本邦での報告はまれです。国内におけるHIV-2感染拡大を抑えるためには早急な対策が求められることから、私たちはHIV-2の動向把握に向けた全国的な検査技術の開発と向上に取り組んでいます。

薬剤耐性HIVの出現機構に関する基礎研究

近年本邦において頻用されはじめた新規抗HIV薬、プロテアーゼ阻害剤Darnavir、インテグラーゼ阻害剤RaltegravirそしてCCR5拮抗薬Maravirocに対する薬剤耐性ウイルス出現の機序を分子生物学的および構造生物学的解明に向けて取り組んでいます。本テーマは、名古屋大学大学院工学研究科との共同研究で行っています。

HIV/HBV重感染症例の分子疫学的研究

大阪医療センターとの共同研究で、HIVとHBV重複感染症例におけるHBVの遺伝型を解析し、疫学的特性、背景などの解析を行っています。また重感染症患者の発生阻止に向けて、社会医学研究者と協力して予防啓発に努めています。

薬剤耐性HIVを克服する新規抗HIV薬剤開発研究

終生服薬の継続が求められる中、薬剤耐性ウイルスの出現や治療薬による副作用の問題を克服しなければならない。そのためには、少なくとも基礎研究レベルでは既存の薬に満足することなく、不断な薬剤開発は必要不可欠であります。本研究室では、他施設との共同で、新規抗HIV薬剤の開発研究を行っています。

HIV感染病態に関与する宿主因子の基礎研究

ヒトには本来、レトロウイルスの増殖を抑制する宿主因子APOBEC3G(A3G)が発現しています。しかしHIVの場合、ウイルスタンパクVifが感染細胞で発現し、A3Gと結合後ユビキチンープロテアソーム系での分解促進に働いています。そのため、HIVはこの宿主防御機構から逃れることができています。そこで、私たちはVifとA3Gの結合を阻害する(またはA3GをVifから保護する)ような新規な作用機序をもつ抗HIV薬剤の開発を目指し、A3Gの分子生物学的および構造生物学的解明を行うと共に、Vif - APOBEC3結合阻害剤スクリーニング系を利用した創薬開発やAPOBEC3の発現制御機構の解明にも取り組んでいます。