トップページ研究室紹介(基礎医学領域)細胞科学 統合生理学/イメージング生理学(生理学第二)

細胞科学

統合生理学/イメージング生理学(生理学第二)

研究室概要

 目まぐるしく変化する多様な環境でも私達が生命を維持し、活動することができるのは、体内の恒常性を自律的に維持する仕組みを備えているおかげです。この恒常性維持システムに不調をきたすと、すぐさま臨床医学的な問題(つまり疾患)が生じ、生命を脅かす事態にもつながります。本講座では、個体レベルの生理学や解剖学の手法を駆使し、恒常性維持システムの中でも体温や代謝の調節をつかさどる脳内の神経回路に焦点を当てて、その核心メカニズムを解明すべく研究を行っています。
  また、本講座では伸展・ずり応力・圧力・重力といった力学的な刺激に対する細胞の感知/応答機構の解明にも取り組んでいます。この研究では、細胞シグナルの変換・伝達の一分子イメージング解析などのアプローチをとり研究を進めています。


詳しくは独自ホームページへ
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/physiol2/

主な研究実績

Nakamura, Y., Yanagawa, Y., Morrison, S.F. & Nakamura, K.*
Medullary reticular neurons mediate neuropeptide Y-induced metabolic inhibition and mastication.
Cell Metab. in press, 2017. PubMed この論文の日本語解説 プレスリリース


Nakamura, K.*
Neural circuit for psychological stress-induced hyperthermia.
Temperature 2:352-361, 2015. Publisher


Kataoka, N., Hioki, H., Kaneko, T. & Nakamura, K.*
Psychological stress activates a dorsomedial hypothalamus–medullary raphe circuit driving brown adipose tissue thermogenesis and hyperthermia.
Cell Metab. 20:346–358, 2014. PubMed この論文の日本語解説 プレスリリース


Lkhagvasuren, B., Oka, T., Nakamura, Y., Hayashi, N., Sudo, N. & Nakamura, K.*
Distribution of Fos-immunoreactive cells in rat forebrain and midbrain following social defeat stress and diazepam treatment.
Neuroscience 272:34–57, 2014. PubMed


Nakamura, K.*
Central circuitries for body temperature regulation and fever.
Am. J. Physiol. 301:R1207–R1228, 2011. PubMed


Lkhagvasuren, B., Nakamura, Y., Oka, T., Sudo, N. & Nakamura, K.*
Social defeat stress induces hyperthermia through activation of thermoregulatory sympathetic premotor neurons in the medullary raphe region.
Eur. J. Neurosci. 34:1442–1452, 2011. PubMed


Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
Central efferent pathways for cold-defensive and febrile shivering.
J. Physiol. 589:3641–3658, 2011. PubMed プレスリリース


Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
A Thermosensory pathway mediating heat-defense responses.
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107:8848–8853, 2010. PubMed 報道記事


Nakamura, Y., Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
Different populations of prostaglandin EP3 receptor-expressing preoptic neurons project to two fever-mediating sympathoexcitatory brain regions.
Neuroscience 161:614–620, 2009. PubMed


Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
Preoptic mechanism for cold-defensive responses to skin cooling.
J. Physiol. 586:2611–2620, 2008. PubMed


Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
A thermosensory pathway that controls body temperature.
Nature Neurosci. 11:62–71, 2008. PubMed この論文の日本語解説


Nakamura, K.* & Morrison, S.F.
Central efferent pathways mediating skin cooling-evoked sympathetic thermogenesis in brown adipose tissue.
Am. J. Physiol. 292:R127–R136, 2007. PubMed


Nakamura, K.*†, Yamashita, Y.†, Tamamaki, N., Katoh, H., Kaneko, T. & Negishi, M.
In vivo function of Rnd2 in the development of neocortical pyramidal neurons.
Neurosci. Res. 54:149–153, 2006. (†, equal contribution) PubMed


Nakamura, Y., Nakamura, K.*, Matsumura, K., Kobayashi, S., Kaneko, T. & Morrison, S.F.
Direct pyrogenic input from prostaglandin EP3 receptor-expressing preoptic neurons to the dorsomedial hypothalamus.
Eur. J. Neurosci. 22:3137–3146, 2005. PubMed


Nakamura, K.*, Matsumura, K., Hübschle, T., Nakamura, Y., Hioki, H., Fujiyama, F., Boldogköi, Z., König, M., Thiel, H.-J., Gerstberger, R., Kobayashi, S. & Kaneko, T.
Identification of sympathetic premotor neurons in medullary raphe regions mediating fever and other thermoregulatory functions.
J. Neurosci. 24:5370–5380, 2004. PubMed この論文の日本語解説


Nakamura, K.*, Wu, S.-X., Fujiyama, F., Okamoto, K., Hioki, H. & Kaneko, T.
Independent inputs by VGLUT2- and VGLUT3-positive glutamatergic terminals onto rat sympathetic preganglionic neurons.
NeuroReport 15:431–436, 2004. PubMed


Nakamura, K.*, Matsumura, K., Kaneko, T., Kobayashi, S., Katoh, H. & Negishi, M.
The rostral raphe pallidus nucleus mediates pyrogenic transmission from the preoptic area.
J. Neurosci. 22:4600–4610, 2002. PubMed


Nakamura, K.*, Li, Y.-Q., Kaneko, T., Katoh, H. & Negishi, M.
Prostaglandin EP3 receptor protein in serotonin and catecholamine cell groups: a double immunofluorescence study in the rat brain.
Neuroscience 103:763–775, 2001. PubMed


Nakamura, K.*, Kaneko, T., Yamashita, Y., Hasegawa, H., Katoh, H. & Negishi, M.
Immunohistochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat nervous system.
J. Comp. Neurol. 421:543–569, 2000. PubMed


Nakamura, K., Kaneko, T., Yamashita, Y., Hasegawa, H., Katoh, H., Ichikawa, A. & Negishi, M.*
Immunocytochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat hypothalamus.
Neurosci. Lett. 260:117–120, 1999. PubMed


完全な業績リストは独自ウェブサイトの業績ページをご覧ください。

 


大学院入学案内

 当研究室は生体の恒常性を維持する仕組みの本質を解明することを目指しており、人材育成の観点では、世界で通用する生理学者・生命科学者の養成を使命としています。「生命がどのようにして成り立っているのか?」という医学・生物学の大きな問題に取り組みたいという意欲的な大学院生を募集します。医学部以外の学部の出身者も歓迎します。医学修士課程から入学し、博士課程に進学する道を経れば、じっくりと時間をかけて大きなプロジェクトに取り組むこともできます。

 

 私達が得意とする実験は、in vivo生理実験、神経解剖学実験、行動解析実験などですが、これに加えて、最新の光遺伝学や遺伝薬理学などの分子生物学的手法を取り入れ、分子レベルと個体レベルの解析や知見をつなぐことで、これまでに誰も明らかにできなかった大きな問題に取り組んでいます。当研究室に入門した大学院生は、まず、こうした実験技術の習得を通じて、生命科学研究に必要な基礎的な知識や技術的なバックグラウンドに関して指導を受けます。大学院生の研究プロジェクトの進め方は、指導教官との頻繁なディスカッションやラボミーティングでの議論を通じて決定します。場合によっては、プロジェクトの推進に必要な技術を国内外の他研究室にて習得することもあります。独力で実験することができるようになったら、自主性を尊重した形でプロジェクトを進めてもらいます。国際学会での発表や国際誌への論文執筆などを通じて英語や論理的思考の能力を養い、また、国際的感覚を身につけます。

 

 このような研究に興味を持ち、世界と渡り合う研究者を目指す学生は、まず、当研究室の責任者へご連絡ください。研究室見学を随時受け付けています。また、日本学術振興会特別研究員(博士課程学生あるいはポスドク)として申請し、受け入れることも可能ですので、ご相談ください。

構成員名/英名表記 役職 所属
中村 和弘/NAKAMURA Kazuhiro
詳しくはこちら→
教授統合生理学
小林 剛/KOBAYASHI Takeshi
詳しくはこちら→
講師統合生理学
中村 佳子/NAKAMURA Yoshiko
詳しくはこちら→
助教統合生理学
片岡 直也/KATAOKA Naoya
詳しくはこちら→
助教統合生理学
大屋 愛実/Oya Manami
研究員統合生理学
永井 智子/NAGAI Tomoko
秘書統合生理学

研究キーワード

体温調節、発熱、ストレス、中枢神経回路、自律神経、交感神経、褐色脂肪、恒常性、プロスタグランジン、1分子イメージング、機械受容チャネル