トップページ研究室紹介(基礎医学領域)高次神経統御学(協力) 免疫代謝学

高次神経統御学(協力)

免疫代謝学

研究室概要

   ライフスタイルの欧米化に伴って、我が国においても肥満が増加し、メタボリックシンドロームや様々な生活習慣病の誘因となっています。生活習慣病は遺伝素因と環境因子の相互作用により発症する代表的な多因子疾患であり、我々を取り巻く環境の変化と生体のストレス応答が大きく関わっています。当研究室では、1つの分子や1つの細胞に注目するだけでなく、各臓器を構成する多彩な細胞の相互作用や臓器間ネットワークを理解することにより、生活習慣病の分子メカニズムを明らかにしたいと考えています。
   生活習慣病を解くキーワードとして、私たちは“慢性炎症”に注目しています。近年、様々な慢性疾患に共通の病態基盤として“慢性炎症”が注目されており、実際に、肥満の脂肪組織にマクロファージ等の炎症細胞が浸潤することにより、メタボリックシンドロームを発症することが明らかになってきました。一方、過栄養や栄養飢餓といった栄養の“量”の変化に加えて、動物性の飽和脂肪酸や魚油に多く含まれるω-3多価不飽和脂肪酸等の栄養の“質”の変化が炎症免疫系を制御することも知られています。このように、生活習慣病は“炎症免疫学”と“栄養代謝学”の両面から捉える必要があります。当研究室は、基礎研究と臨床研究を繋ぐ立ち位置で、生活習慣病の病態解明や新しい治療法の開発に貢献したいと考えています。

主な研究テーマ

1.生活習慣病の基盤病態“慢性炎症”の分子機構の解明と医学応用

2.“栄養”に対する生体応答の分子機構の解明と医学応用

3.“医工連携”による生活習慣病に対する新しい治療戦略の開発

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
菅波 孝祥/SUGANAMI Takayoshi
詳しくはこちら→
教授免疫代謝学
水野 哲也/MIZUNO Tetsuya
詳しくはこちら→
客員准教授免疫代謝学
田中 都/TANAKA Miyako
詳しくはこちら→
助教免疫代謝学
太田 紘也/OHTA Hiroya
助教免疫代謝学

研究分野紹介

専攻 細胞情報医学専攻
大講座 高次神経統御学(協力)
分野 免疫代謝学
ユニット名 環境医学研究所

研究キーワード

肥満、メタボリックシンドローム、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、生活習慣病、慢性炎症、マクロファージ、アディポサイトカイン

独自HPへのリンク

免疫代謝学の独自HPへはこちらをクリック

研究業績

1.     K. Konuma, M. Itoh, T. Suganami, S. Kanai, N. Nakagawa, T. Sakai, H. Kawano, M. Hara, S. Kojima, Y. Izumi, Y. Ogawa. Eicosapentaenoic acid ameliorates non-alcoholic steatohepatitis in a novel mouse model using Melanocortin 4 receptor-deficient mice. PLoS ONE 10: e0121528, 2015.

2.     T. Ehara, Y. Kamei, X. Yuan, M. Takahashi, S. Kanai, K. Tsujimoto, T. Tamiya, Y. Nakagawa, H. Shimano, T. Takai-Igarashi, I. Hatada, T. Suganami, K. Hashimoto, Y. Ogawa. Ligand-activated PPARα-dependent DNA demethylation regulates the fatty acid β-oxidation genes in the postnatal liver. Diabetes 64: 775-784, 2015.

3.     M. Tanaka, K. Ikeda, T. Suganami, C. Komiya, K. Ochi, I. Shirakawa, M. Hamaguchi, S. Nishimura, I. Manabe, T. Matsuda, K. Kimura, H. Inoue, Y. Inagaki, S. Aoe, S. Yamasaki, Y. Ogawa. Macrophage-inducible C-type lectin underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis. Nat. Commun. 5: 4982, 2014.

4.     Y. Iwasaki, T. Suganami, R. Hachiya, I. Shirakawa, M. Kim-Saijo, M. Tanaka, M. Hamaguchi, T. Takai-Igarashi, M. Nakai, Y. Miyamoto, Y. Ogawa. Activating transcription factor 4 links metabolic stress to interleukin-6 expression in macrophages. Diabetes 63: 152-161, 2014.

5.     M. Itoh, H. Kato, T. Suganami, K. Konuma, Y. Marumoto, S. Terai, H. Sakugawa, S. Kanai, M. Hamaguchi, T. Fukaishi, S. Aoe, K. Akiyoshi, Y. Komohara, M. Takeya, I. Sakaida, Y. Ogawa. Hepatic crown-like structure: a unique histological feature in non-alcoholic steatohepatitis in mice and humans. PLoS ONE 8: e82163, 2013.

6.     T. Ehara, Y. Kamei, M. Takahashi, X. Yuan, S. Kanai, E. Tamura, M. Tanaka, T. Yamazaki, S. Miura, O. Ezaki, T. Suganami, M. Okano, Y. Ogawa. Role of DNA methylation in the regulation of lipogenic glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene expression in the mouse neonatal liver. Diabetes 61: 2442-2450, 2012.

7.     N. Satoh-Asahara, A. Shimatsu, Y. Sasaki, H. Nakaoka, A. Himeno, M. Tochiya, S. Kono, T. Takaya, K. Ono, H. Wada, T. Suganami, K. Hasegawa, Y. Ogawa. Highly purified eicosapentaenoic acid increases interleukin-10 levels of peripheral blood monocytes in obese patients with dyslipidemia. Diabetes Care 35: 2631-2639, 2012.

8.     M. Ichioka, T. Suganami, N. Tsuda, I. Shirakawa, Y. Hirata, N. Satoh-Asahara, Y. Shimoda, M. Tanaka, M. Kim-Saijo, Y. Miyamoto, Y. Kamei, M. Sata, Y. Ogawa. Increased expression of macrophage-inducible C-type lectin in adipose tissue of obese mice and humans. Diabetes 60: 819-826, 2011.

9.     M. Tanaka, T. Suganami, M. Kim-Saijo, C. Toda, M. Tsuiji, K. Ochi, Y. Kamei, Y. Minokoshi, Y. Ogawa. Role of central leptin signaling in the starvation-induced alteration of B cell development. J. Neurosci. 31: 8373-8380, 2011.

10.  M. Itoh, T. Suganami, N. Nakagawa, M. Tanaka, Y. Yamamoto, Y. Kamei, S. Terai, I. Sakaida, Y. Ogawa. Melanocortin-4 receptor-deficient mice as a novel mouse model of non-alcoholic steatohepatitis. Am. J. Pathol. 179: 2454-2463, 2011.