トップページ研究室紹介(基礎医学領域)病理病態学 生体反応病理学/分子病理診断学(病理学第一)

病理病態学

生体反応病理学/分子病理診断学(病理学第一)

研究室概要

酸化ストレスの生物学的意義を細胞からヒト個体レベルまで広く追究しています。形態学を重視しながら、遺伝学的・細胞工学的・遺伝子工学的な手法を駆使して以下のテーマに取り組んでいます。出身分野にかかわらず、酸化ストレスに興味を持つ学生が研究室に参加することを望みます。当講座では、遺伝子改変動物の解析に必須の形態学的な知識を広く身につけることが出来ます。MDのひとは、希望により病理医としての基礎的な研修を併行して行います。関連病院での非常勤勤務が可能です。

豊國研究室 独自ホームページ

豊國研究室 公式Facebook

研究プロジェクト

1.活性酸素による発がんメカニズムの解析
20年に渡り当研究室で解析されてきた鉄ニトリロ三酢酸による腎発がんモデルの解析もいよいよ佳境に入ってきました。2002年2月にはAm J Pathol誌に,主な標的遺伝子のひとつであるp16のallelic lossが投与開始後数週のたいへん早い時期に起こっていることをCommentary付きで発表しました。いよいよヒト発がんへの応用,全ゲノム的な解析を開始しています。また,最近ではオキシゲノミクス(Oxygenomics)というコンセプトを提唱し,ゲノム内で酸化的傷害の起こりやすい部位を網羅的に解析することに取り組んでいます。オキシゲノミクスを総説で解説しています(Toyokuni S and Akatsuka S, J Clin Biochem Nutr 39: 3-10, 2006)。2006年秋にはオキシゲノミクスの方法論に関する論文を発表しました。現在,酸化ストレス誘発腫瘍のCGH解析がかなり進行し,新しい展開が見えてきています。

2.繊維状無機物質の毒性・発がん性の研究
平成18年度よりラボをあげて,アスベスト病態の解明に取り組むことになりました。鉄含有率の高いアスベスト繊維ほど,発がん性の高いことが疫学的に明らかにされています。鉄発がんの研究からこれまでに蓄積してきたノウハウを結集して,サイエンスから社会への還元を目指して取り組んでいきたいと思います。最近では,新規素材として期待されているカーボンナノチューブの毒性・発がん性評価にも取り組んでいます。

3.酸化ストレスマーカーの開発,酸化的組織細胞傷害の可視化
上記1および2より得られた成果をもとに,新たな酸化ストレスマーカーの開発を行っています。酸化ストレスは,発がんのみならず動脈硬化症・糖尿病などのさまざまは生活習慣病の病態に関わっていることがわかってきており,そのモニタリングは今後ますます重要になると考えられます。

4.病理診断マーカーに関する研究
日常の病理診断からヒントを得た鑑別診断の問題に取り組んでいます。

研究業績

主要論文リスト

大学院生募集

平成28年度は、上記のプロジェクトで大学院生あるいは研究生を2~4名募集します。医学部出身でない方も、臨床講座の方も歓迎します。

構成員

構成員名/英名表記 役職 所属
豊國 伸哉/TOYOKUNI Shinya
詳しくはこちら→
教授生体反応病理学
岡﨑 泰昌/OKAZAKI Yasumasa
詳しくはこちら→
講師生体反応病理学
山下 享子/YAMASHITA Kyoko
詳しくはこちら→
助教生体反応病理学
赤塚 慎也/AKATSUKA Shinya
詳しくはこちら→
講師分子病理診断学

研究分野紹介

専攻 機能構築医学専攻
大講座 病理病態学
分野 生体反応病理学/分子病理診断学
ユニット名 病理学第一

研究キーワード

酸化ストレス,鉄発がん,アスベスト,カーボンナノチューブ,中皮腫,プラズマ,動物発がんモデル,オキシゲノミクス