トップページ研究室紹介(基礎医学領域)細胞工学(連携) 細胞工学(愛知県がんセンター)

細胞工学(連携)

細胞工学(愛知県がんセンター)

研究室概要

 名古屋大学医学部連携大学院・細胞工学講座は、愛知県がんセンター研究所の遺伝子医療研究部(教授:瀬戸加大)と分子腫瘍学部(教授:関戸好孝)に設置されています。

 

遺伝子医療研究部

 私たちの研究室は、愛知県がんセンター中央病院・血液細胞療法部(森島泰雄部長)と連携して血液腫瘍の研究をしています。血液腫瘍では、その「成因や分類あるいは病気の進行」と「ゲノム(染色体)や遺伝子の異常」との間に密接な関係があり、この関係を明らかにすることを通じてヒトの腫瘍を遺伝学的・分子生物学的により深く理解することを目指しています。
 現在、リンパ性腫瘍に主眼を置き、(1) 染色体転座に伴って形成される異常融合遺伝子による腫瘍化機構の解析と、(2) 染色体転座以外の遺伝子異常の探索およびその腫瘍化・腫瘍進展における意義の解明、疾患分類への応用について研究しています。

詳しくは愛知県がんセンター研究所のホームページをご覧下さい。

分子腫瘍学部

 愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部ではヒト固形腫瘍の発症や進展の原因を分子レベルで解明し、その知見を診断・治療法に応用することを目指しています。現在、悪性中皮腫、肺がん、消化器がんを中心に取り組んでいます。がん遺伝子および腫瘍抑制遺伝子を同定し、がん細胞における遺伝子レベル・分子レベルでの異常を明らかにするとともに、これらの異常が細胞にどのような特性を与えているのかを細胞生物学的に検討しています。さらにゲノムDNAそのものの異常(genetics)以外にもDNA修飾やヒストン修飾の異常、すなわちエピジェネティクス(epigenetics)の解析に対しても精力的に取り組んでいます。悪性中皮腫ではNF2腫瘍抑制遺伝子(マーリン)を中心とした細胞シグナル伝達系の異常に注目して新たな腫瘍抑制遺伝子を同定しました。また、肺がんでは神経内分泌分化傾向を引き起こすことがより悪性度を増すことが分かっており、その原因やメカニズムを研究しています。

詳しくは愛知県がんセンター研究所のホームページをご覧下さい。

研究実績

瀬戸加大(遺伝子医療研究部)
(愛知県がんセンター研究所の発表論文へリンク)


関戸好孝・長田啓隆(分子腫瘍学部)
(愛知県がんセンター研究所の発表論文へリンク)

大学院入学案内

 名古屋大学医学部連携大学院の細胞工学講座は愛知県がんセンター研究所に設置されています。

 

  「連携大学院」とは外部の関係研究機関の研究者を大学院博士課程の客員教授または客員助教授として任命し、医学部の博士課程の大学院 生の研究指導にあたらせるものです。大学と外部の関係研究機関が双方向的に研究を推進し、医学・医療を発展させることを目的としています。  大学院生の募集と選考は、例年7~8月頃(締め切り:8月20日頃)です。 申し込みについては学校にご相談ください。
 細胞工学講座(分子腫瘍学部)につきましては、平成23年度は大学院生を2~3名募集します。医学部出身でない方も歓迎します。

研究分野紹介

遺伝子医療研究部

様々な遺伝子のDNAレベルでの異常や遺伝子発現の異常を、一度に解析できる技術 (DNAマクロアレイ)を用いて、血液腫瘍の病態を解明しています。

(1) 染色体転座に伴って形成される異常融合遺伝子による腫瘍化機構の解析


① MALT(粘膜関連リンパ組織)リンパ腫では、染色体転座によりAPI2-MALT1という異常融合
  遺伝子が形成されることを世界に先駆けて見出しました。API2-MALT1がTRAF2、Smac、
  HtrA2などと結合して細胞死を抑制すること、またAPI2-MALT1によりNFkB経路が異常に
  活性化することを見出しています。
② 小児のリンパ性白血病で最も多い遺伝子異常は、TEL-AML1融合遺伝子です。正常血液
  細胞にTEL-AML1融合遺伝子を導入することにより、どのような異常が起きるのか研究して
  います。また白血病のモデル動物を作成することで腫瘍化機構を研究し、さらに治療法や
  予防法の開発も目指しています。

 

(2) 染色体転座以外の遺伝子異常の探索およびその腫瘍化・腫瘍進展における意義の
  解明、疾患分類への応用


 染色体転座以外の遺伝子異常を探索するために、アレイCGH法とマイクロアレイ発現解析法を用いています。この方法により、正常細胞と比較してがん細胞にはどの遺伝子が多いのか、あるいは少ないのかを知ることができます。


③ 最近、MALT(粘膜関連リンパ組織)リンパ腫ではA20という遺伝子の量が少ないことを見出し
  ました。この遺伝子はNFkB経路を抑制する働きがあり、A20という遺伝子の量が少ないと
  逆にNFkB経路が活性化します。MALTリンパ腫では(1)で述べたようにAPI2-MALT1によって
  NFkBが活性化する場合と、今回見出したようにAPI2-MALT1がなくてもA20の欠失によって
  NFkBが活性化する場合があることがわかりました。A20の欠失によってどのように腫瘍化に
  結びつくのかについても検討しています。
④ 日本人を含む東洋人に多いT/NKリンパ腫での遺伝子異常とその腫瘍化における役割や、
  ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)の分類についても研究しています。遺伝子異常に基づいて
  疾患を分類してよりよい治療法の選択に役立てること、また新たな癌遺伝子を見出して病態の
  理解を深め、治療に役立てることを目指しています。

詳しくは愛知県がんセンター研究所ホームページの研究内容の紹介をご覧下さい。

分子腫瘍学部

(1)「悪性中皮腫の原因遺伝子の同定と新規診断法・治療法の開発」


 悪性中皮腫は石綿(アスベスト)曝露後20~40年後に発症する極めて難治性の腫瘍です。悪性中皮腫がどのようにして発生するのか未だ不明な点が多く、その発がんに関わる原因遺伝子の同定は新たな診断や治療法の開発のために非常に重要です。われわれは今までに、日本人由来の悪性中皮腫の細胞株を樹立し、分子生物学的手法を用いて中皮腫の細胞特性の解析を行ってきました。がん抑制遺伝子異常としては染色体22番に存在するNF2遺伝子が高頻度(約50%)に不活性化していることを明らかにしました。さらに、高密度アレーCGHといった網羅的なゲノム解析方法を用いて多数の染色体異常領域や遺伝子発現異常を同定しています。アレーCGHを用いた解析では染色体11番長腕(11q22)領域の増幅がみられることを見い出し、この領域に存在するYAP遺伝子の高発現が悪性中皮腫に関与していることを明らかにしました。さらにNF2遺伝子産物マーリンが新規の腫瘍抑制シグナル経路(Hippo経路)を活性化しYAPの活性を抑制することを示してきました。現在、Hippoシグナル伝達経路に関する詳細な分子生物学的解析を行っており、これらの結果をもとに悪性中皮腫に対する新規の分子標的治療法や早期診断法の開発を目指したいと考えています。


(2)「肺がんのオーダーメード医療を目指す治療標的探索」


 肺がんは、多様な細胞群から成る気道上皮を発症母地とし、多くの遺伝子変異や遺伝子発現異常が蓄積されて発症するため、多様な個性を持っています。したがって、その多様な発症母地や遺伝子変異・発現異常などの情報から肺がんの個性を診断し、その個性に合ったオーダーメードの治療法を開発することを目指しています。
 肺がんの中で、神経内分泌分化傾向を持つ肺がんは悪性で予後不良であり、オーダーメード治療の標的の一つとして、この「神経内分泌肺がん」に注目しています。我々は、転写制御因子ASH1遺伝子がこの神経内分泌肺がんの発症を誘導し、その悪性化機序として、ASH1によるE-cadherin・DKK1発現抑制による細胞接着能の変化やWntシグナル活性化が考えられることを報告しました。更に、ASH1がこの神経内分泌肺がんに対する治療標的候補となることも見出しました。この検討は、がん発症・悪性化におけるがん細胞分化の重要性を示唆しています。
 また、蛋白をコードしない短鎖RNAで、多くの遺伝子発現を制御するmicroRNAが、がん治療標的として最近注目されていますが、microRNAがASH1のシグナルの下流でも重要な機能を果たしていることを見出しています。
 このように、肺がんの発症・悪性化のシグナルを解明し、その知見の中から新たな治療標的の候補分子を明らかにし、一人一人の肺がん患者さんに対し最適な治療法を選択する、オーダーメード医療システムを構築したいと考えています。

詳しくは愛知県がんセンター研究所ホームページの研究内容の紹介をご覧下さい。

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
瀬戸加大(Masao Seto)
詳しくはこちら→
細胞工学講座 客員教授愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部
関戸好孝(Yoshitaka Sekido)
詳しくはこちら→
細胞工学講座 客員教授愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部
長田啓隆(Hirotaka Osada)
詳しくはこちら→
細胞工学講座 客員准教授愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部

研究キーワード

■遺伝子医療研究部
MALT(粘膜関連リンパ組織)リンパ腫、API2-MALT1融合遺伝子、小児リンパ性白血病、TEL-AML1融合遺伝子、アレイCGH法、
マイクロアレイ発現解析法、A20遺伝子、T/NKリンパ腫、ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)

■分子腫瘍学部
悪性中皮腫、肺がん、がん遺伝子、がん抑制遺伝子、ジェネティクス、エピジェネティクス、シグナル伝達系、分子標的治療