トップページ研究室紹介(基礎医学領域)健康増進医学(協力) 健康スポーツ医学

健康増進医学(協力)

健康スポーツ医学

研究室概要

分野の概要

ある春の日の宴の後で…

(2012年4月)

 肥満症、糖尿病、高血圧症で代表される生活習慣病の主要な病態の一つに、インスリン抵抗性が知られている。我々の研究室は、インスリン抵抗性の発症メカニズムおよびその対策を明らかにすることで、高齢化社会における生活習慣病の発症防止、進展阻止を究極の目的としている。特に運動療法の有効性の観点から、ヒトを対象とした介入研究、in vivo の animal study、さらには分子生物学的検討やゲノム解析など、様々な手法を用いて検討を行い、疾病予防や健康増進に寄与するべく努めている。

        研究室勉強会(隔週月曜日)

研究プロジェクト

図 筋における糖取込み機構

(クリックで拡大)

■インスリン抵抗性に対する基礎的、臨床的検討


 生活習慣病に随伴するインスリン抵抗性に対して、身体トレーニングが有効であることは周知の事実である。そのメカニズムとして、我々は次の事実を明らかにした。


 (1)インスリン感受性は、体力の指標となる最大酸素摂取量と正相関を、BMI と負の

   相関を各々示した。実際、2型糖尿病患者は、食事・運動療法併用により、減量と

   ともにインスリン感受性の改善を認めた。
 (2)有酸素運動トレーニングは、インスリンシグナル系のIRS-1、PI-3キナーゼ、

   GLUT4などのタンパク量を増大させ、一方、レジスタンス動トレーニング

   筋量、筋力を増やすことで、各々インスリン作用を増加させた。
 (3)一酸化窒素(NOは、高果糖食誘発やSTZ誘発糖尿病によるインスリン抵抗性を改善させ、また、NO合成酵素阻害剤である

   LNMMAの投与によりトレーニング効果は消失した。
 (4)AMPKは筋収縮やAICAR投与で活性化され、筋の糖摂込みを刺激したが、その際、PI-3キナーゼの阻害剤である

   ワートマニンやLNMMAでは抑制されず、少なくとも、AMPKはインスリンシグナル系と異なるルートでGLUT4をtranslocation

   させるものと考えられた。

 

 以上の事実により、インスリン抵抗性に対して主に有酸素運動トレーニングが有効と考えられるが、その効果が十分でない時はレジスタンス運動の併用も考慮に入れるべきであり、また運動療法の有効性に関する分子生物学的知見では、インスリンシグナル系タンパク、NO、AMPKが関与していることも示唆された。
 今後、我が国はいっそう高齢化が進み、生活習慣病対策の必要性は増大すると予想される。これに対して運動療法が有効であることは疑いのない事実である。しかしながら、実際、運動療法を継続させることは困難である。その原因となる社会的要因あるいは個々の問題を明らかにすることで、健康的な長寿が全うできるシステム作りを提言し、さらに、インスリン抵抗性発現メカニズムやその対策(特に運動療法効果発現機序)を解明し、運動療法に代わる方策についても呈示したいと考えている。

 

■フィールド研究


 フィールド研究として、運動指導介入による身体機能の変化についても検討している。

研究実績

原著論文

◆2013年

1) H. Sugiura, S. Sako, Y. Oshida:Effect of expiratory muscle fatigue on the respiratory response during exercise.  J Phys Ther Sci.

   25 (11).  1491-1495.  2013 

2) T. Chen, M. Kusunoki, D. Sato, H. Tsutsui, T. Nakamura, T. Miyata, Y. Oshida:Clinical effect of addition of beraprost sodium to

   pioglitazone treatment on the blood glucose levels in patients with type 2 diabetes mellitus.  Exp Clin Endocrinol Diabetes  121 (10). 

   624-627.  2013

 

◆2012年

1) ZH. Wang, T.Koike, P. Li, HY. Jiang, Y. Natsume, L. Mu, T. Chen, Y. Oshida:Effects of angiotensin II AT1 receptor inhibition

   and exercise training on insulin action in rats on high-fat diet.  Life. Sci  90 (9-10).  322-327.  2012

2) T. Sakazaki, T.Koike, Y. Yanagimoto, Y. Oshida:Association between gait speed and bone strength in community-dwelling

   postmenopausal Japanese women.  Environ Health Prev Med.    Epub 2012 Jan 28
3) E. Iwamoto, K. Katayama, Y. Oshida, K. Ishida:Hypoxia augments oscillatory blood flow in brachial artery during leg cycling. 

   Med Sci Sports Exerc  44 (6).  1035-1042.  2012

4) 姜海英、小池晃彦、木蘭、夏目有紀枝、王忠華、成憲武、押田芳治:高果糖食負荷ラットでのインスリン作用に対する

   アロプリノールの影響.  総合保健体育科学 35(1).  23-28.  2012

5) 夏目有紀枝、小池晃彦、押田芳治:BMI 30kg/m2以上の若年肥満男性の食事および身体活動の特徴.  総合保健体育科学

   35(1).  35-40.  2012

 

◆2011年

1) 姜海英、小池晃彦、王忠華、木蘭、陳塔娜、夏目有紀枝、押田芳治:高果糖食ラットでのスーパーハイブリッドガス充填水による

 インスリン抵抗性改善効果.  総合保健体育科学 34(1).  1-4.  2011

2) 松本大輔、瓜谷大輔、浅野恭代、小池晃彦、押田芳治:特定健診受診者における運動習慣と健康関連QOLとの関連性

 -トランスセオリティカルモデルを用いた運動定着群と未定着群での比較-.  総合保健体育科学 34 (1).  5-9.  2011

3) 坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、森和、押田芳治:地域在住閉経後女性の骨強度と最速歩行時の速度・歩幅との関連

 -膝伸展力の影響-.  総合保健体育科学 34 (1).  15-18.  2011

 

◆2010年

1) HY. Jiang, T.Koike, P. Li, ZH. Wang, Y. Kawata, Y. Oshida:Combined effects of short-term calorie restriction and exercise on

   insulin action in normal rats.  Hoem. Metab. Res  42 (13).  950-954.  2010    Epub 2010 Oct 11

2) T.Koike, M. Miyamoto, Y. Oshida:Alanine aminotransferase and γ-glutamyltransferase as markers for elevated insulin resistance-

   associated metabolic abnormalities in obese Japanese men younger than 30 years of age.  Obesity Research & Clinical Practice

   4.  e73-e79.  2010
3) X. Hu, J. Sato, G. Bajotto, O. Khookhor, I. Ohsawa, Y. Oshida, Y. Sato:Goshajinkigan (Chinese herbal medicine Niu-Che-Sen-

   Qi-Wan)  improves insulin resistance in diabetic rats via the nitric oxide pathway.  Nagoya Journal of Medical Science  72 (1, 2).

   35-42.   2010
4) 松本大輔、瓜谷大輔、浅野恭代、小池晃彦、押田芳治:特定健診参加者が求める運動環境.  総合保健体育科学 33 (1). 

   1-5.  2010
5) 筒井秀代、小池晃彦、石黒哲也、押田芳治:J-SACLテストにより評価した2型糖尿病患者のストレスにおける男女差について.

   総合保健体育科学  33 (1).  17-21.  2010

 

◆2009年
1) K. Ousuka, N. Chino, H. Nagasaki, I. Kataoka, Y. Oshida, I. Ohsawa, Y. Sato:Analysis of risk factors for dental caries in infants:

   A comparison between urban and rural areas.  Environ. Health Prev. Med  14.  103-110.  2009
2) H. Tsutsui, T. Koike, C. Yamazaki, A. Ito, F. Kato, H. Sato, H. Tawada, Y. Oshida:Identification of hemodialysis patients’

   common problems using the International Classification of Functioning, Disability and Health.  Therapeutic Apheresis and Dialysis

   13 (3).  186-192.  2009
3) T. Koike, M. Miyamoto, Y. Oshida:Waist circumference is positively associated with insulin resistance but not with fasting blood

   glucose among moderately to highly obese young Japanese men.  Obesity Research & Clinical Practice  3.  109-114.  2009
4) 坂崎貴彦、小池晃彦、押田芳治:医療従事者養成教育にティーチング・アシスタント(TA)の月給制普及を(報告).  総合保健体育

   科学  32 (1).  21-23.  2009
5) 松本大輔、中本順、成瀬文博、山田実、小池晃彦、押田芳治:大学ラグビー選手の身体組成・運動機能とハムストリングの

   肉離れとの関連.  総合保健体育科学  32 (1).  25-29.  2009
6) 小池晃彦、押田芳治:中等度以上肥満男子学生でのウエスト周囲径と血糖コントロールの関連.  Campus Health  46 (1).

   164.  2009

 

◆2008年
1) P. Li, T. Koike, B. Qin, M. Kubota, Y. Kawata, J. Jia, Y. Oshida:A high-fructose diet impairs Akt and PKCζ phosphorylation and

   GLUT4 translocation in rat skeletal muscle.Horm. Metab. Res  40 (8).  528-532.  2008
2) K. Koshinaka, Y. Oshida, M. Kubota, Y. Sato:Exposure to nitric oxide does not induce insulin resistance of glucose uptake

   in isolated rat epitrochlearis muscle.  Acta Endocrinologica  4 (2).  133-141.  2008
3) M. Kubota, K. Koshinaka, Y. Kawata, T. Koike, Y. Oshida:Effects of continuous low-carbohydrate diet after long-term exercise

   on GULT-4 protein content in rat skeletal muscle.  Horm. Metab. Res  40 (1).  24-28.  2008
4) 小池晃彦、押田芳治:肥満若年男性におけるウエスト周囲径とインスリン抵抗性との関連 -臍レベルウエスト周囲径と最小

   ウエスト周囲径の比較.  総合保健体育科学  31 (1).  39-42.  2008

 

◆2007年
1) B. Qin, Y. Oshida, P. Li, M. Kubota, M. Nagasaki, Y. Sato:Voluntary running improves in vivo insulin resistance in high-salt diet-

   fed rats.  Experimental Biology and Medicine  232 (10).  1330-1337.  2007
2) T. Furukawa, K. Wakai, K. Yamanouchi, Y. Oshida, M. Miyao, T. Watanabe, Y. Sato:Association of periodontal damage and

   tooth loss with atherogenic factors among patients with type2 diabetes mellitus.  Internal Medicine  46 (17).  1359-1364.  2007
3) 川田裕樹、冨樫健二、増田英成、井口光正、征矢英昭、勝木顕、住田安弘、押田芳治:肥満小児に対する食事療法と運動療法

   を主体とした減量が血中グレリン濃度に及ぼす影響.  体力科学  56 (4).  419-428.  2007
4) K. Toda, M. Nagasaki, G. Bajotto, S. Hayashi, T. Manzai, Y. Oshida, Y. Sato:Effects of endurance exercise with moderate

   intensity on metabolic response.  Adv. Exerc. Sports Physiol  13 (1).  7-11.  2007
5) O. Khookhor, B. Qin, Y. Oshida, Y. Sato:Effect of Mongolian plants on in vivo insulin action in diabetic rats.  Diabetes Research

   and Clinical Practice  75.  135-140.  2007
6) Y. Fujita, M. Ito, Y. Nozawa, M. Yoneda, Y. Oshida, M. Tanaka:CHOP(C/EBP homologous protein) and ASNS(asparagine

   synthetase) induction in cybrid cells harboring MELAS and NARP mitochondrial DNA mutations.  Mitochondrion  7 (1-2).  80-88.

   2007

学会発表

 ◆2014年

木下佳大第28回日本糖尿病・肥満動物学会 年次学術集会(2014.2)


         褐色脂肪組織の熱産生におけるグルカゴンの役割の解明 -グルカゴン遺伝子欠損マウスの解析-
               木下佳大、尾﨑信暁、高木祐輔、村田善晴、押田芳治、林良敬

 

夏目有紀枝第18回日本体力医学会東海地方会 学術集会(2014.3)


         Eicosapentaenoic acid(EPA)が老化促進モデルマウスの筋量減少および筋力低下に及ぼす影響
               夏目有紀枝、小池晃彦、成憲武、葛谷雅文、押田芳治

 

◆2013年

夏目有紀枝第56回日本糖尿病学会 年次学術集会(2013.5)


         高果糖食負荷ラットにおける eicosapentaenoic acid(EPA)のインスリン抵抗性抑制効果と

          インスリンシグナルの検討
               夏目有紀枝、小池晃彦、姜海英、王忠華、尾﨑信暁、押田芳治

 

木下佳大第56回日本糖尿病学会 年次学術集会(2013.5)


         プログルカゴン由来ペプチドの欠損が高脂肪食による糖代謝異常に及ぼす影響
               木下佳大、尾﨑信暁、高木祐輔、清野祐介、村田善晴、押田芳治、林良敬

 

夏目有紀枝第36回日本基礎老化学会大会(2013.6)


         老化促進モデルマウスの筋肉減少および筋力低下に対する eicosapentaenoic acid(EPA)の効果
               夏目有紀枝、小池晃彦、成憲武、葛谷雅文、押田芳治

 

木下佳大第56回日本甲状腺学会 学術集会(2013.11)


         褐色脂肪組織における甲状腺ホルモンとグルカゴンのクロストーク
               木下佳大、高木祐輔、尾﨑信暁、押田芳治、村田善晴、林良敬

 

高木祐輔第25回分子糖尿病学シンポジウム(2013.12)


         プログルカゴン由来ペプチド欠損マウスは、高脂肪食負荷により耐糖能は悪化するが肥満抵抗性を示す
               高木祐輔、尾﨑信暁、木下佳大、清野祐介、村田善晴、押田芳治、林良敬

 

 

◆2012年

坂崎貴彦:第16回日本体力医学会 東海地方会 学術集会(2012.3)


          「歩行速度による骨状態のスクリーニング
               坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、尾﨑信暁、押田芳治

 

武田充史第85回日本内分泌学会 学術総会(2012.4)


         卵巣摘出ラットに対する腎兪穴への鍼治療は骨吸収を抑制する
                武田充史、浦田繁、石田寅夫、小池晃彦、尾﨑信暁、押田芳治

 

夏目有紀枝第85回日本内分泌学会 学術総会(2012.4)


         インスリン抵抗性モデルラットにおける eicosapentaenoic acid(EPA)の効果
               夏目有紀枝、小池晃彦、姜海英、王忠華、尾﨑信暁、押田芳治

 

筒井秀代:第55回日本糖尿病学会 年次学術集会(2012.5)


          「ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出 第4報
              筒井秀代、多和田英夫、楠正隆、石黒哲也、伊藤晃、尾﨑信暁、小池晃彦、押田芳治

 

後藤慎一:第55回日本糖尿病学会 年次学術集会(2012.5)


          「糖尿病患者における新しい脂質管理指標、non-HDL-C の検討
               後藤慎一、佐々木洋光、渡邊智香、松田淳一、渡邊有三、大澤功、小池晃彦、尾﨑信暁、押田芳治


夏目有紀枝:第55回日本糖尿病学会 年次学術集会(2012.5)


          「高果糖食誘発インスリン抵抗性に対する eicosapentaenoic acid(EPA)の効果
               夏目有紀枝、小池晃彦、姜海英、王忠華、尾﨑信暁、押田芳治

 

夏目有紀枝:第33回日本肥満学会(2012.10)


          「BMI 30kg/m2 以上の若年肥満男性の食事および身体活動の特徴
               夏目有紀枝、小池晃彦、押田芳治

 

 

◆2011年

坂崎貴彦:第15回日本体力医学会 東海地方会 学術集会(2011.3)


          「地域在住閉経後女性の骨強度と最速歩行時の速度・歩幅との関連-膝伸展力の影響-
               坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、森和、押田芳治

 

筒井秀代:第54回日本糖尿病学会 年次学術集会(2011.5)


          「ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出 第3報
              筒井秀代、楠正隆、石黒哲也、伊藤晃、大西丈二、小池晃彦、押田芳治

 

姜海英:第54回日本糖尿病学会 年次学術集会(2011.5)


          「アロプリノール投与がインスリン感受性に及ぼす影響
               姜海英、小池晃彦、王忠華、夏目有紀枝、木蘭、陳塔娜、押田芳治


王忠華:第54回日本糖尿病学会 年次学術集会(2011.5)


          「高脂肪食ラットのインスリン感受性に及ぼすアンジオテンシンⅡ AT1受容体阻害と運動の影響
               王忠華、小池晃彦、姜海英、夏目有紀枝、木蘭、陳塔娜、押田芳治


筒井秀代:第84回日本糖尿病学会 中部地方会(2011.10)


          「治療形態による糖尿病患者の身体的・心理社会的問題の違い
              筒井秀代、楠正隆、多和田英夫、石黒哲也、伊藤晃、小池晃彦、押田芳治

 

姜海英:第84回日本糖尿病学会 中部地方会(2011.10)


          「カロリー制限と運動がインスリン感受性に及ぼす影響
               姜海英、小池晃彦、王忠華、夏目有紀枝、木蘭、陳塔娜、押田芳治

        

 

◆2010年

坂崎貴彦:第14回日本体力医学会 東海地方会 学術集会(2010.3)


          「地域在住閉経後女性の体力指標としてのWBIおよび握力の役割
               坂崎貴彦、小池晃彦、柳本有二、森和、押田芳治


 

筒井秀代:第53回日本糖尿病学会 年次学術集会(2010.5)


          「ICF Core Sets for Diabetes Mellitus”を用いた糖尿病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出 第2報
               筒井秀代、楠正隆、石黒哲也、小池晃彦、押田芳治


           

後藤慎一:第53回日本糖尿病学会 年次学術集会(2010.5)


          「糖尿病患者におけるGFRと尿中アルブミンの組み合わせ評価
               後藤慎一、佐々木洋光、渡邉有三、大沢功、小池晃彦、押田芳治


          

姜海英:第53回日本糖尿病学会 年次学術集会(2010.5)


          「インスリン感受性に及ぼすカロリー制限と運動の影響
               姜海英、小池晃彦、王忠華、筒井秀代、押田芳治

大学院入学案内

大学院生募集

 大学と違って大学院は詳しい情報を入手しにくいため、大学院受験生の中には「進学したいが大学院(研究室)をどう決めればいいのかわからない」「どのような研究を実際に行っているのかイメージが湧かない」という方も多いのではないかと思います。では、どうやって進学先を決めればいいのかというと、色々な研究室へ積極的に足を運び、指導教員や研究室の大学院生の話を聴いたり、実験室を実際に見学させてもらうのが一番ではないかと思います。PubMedなどを用いて、その研究室から発表された論文に目を通してみるのも良いかもしれません。

 本研究室に興味のある方は、遠慮せずにどんどん見学にいらしてください。研究室へ見学に来てくだされば、受験に際してのアドバイスもできるかもしれません。研究室の見学、教員・大学院生とのコンタクトを希望される方は、事前に oshida@htc.nagoya-u.ac.jp (押田 芳治)までメールにてご連絡ください。

連絡先

 ■電話番号    (052) 789-3946  (総合保健体育科学センター事務室)   
 

 ■FAX         (052) 789-3957  (総合保健体育科学センター事務室)   
 

 ■E-mail      oshida@htc.nagoya-u.ac.jp   
 

 ■所在地     名古屋市千種区不老町 名古屋大学総合保健体育科学センター 押田研究室

総合保健体育科学センター

総合保健体育科学センター

 名古屋大学東山キャンパス内の最も東側 (山の上地区:新体育館、テニスコート、人工芝グラウンドなどがある場所です)。太陽地球環境研究所分室の前の道路を挟んで向かいにあるのが総合保健体育科学センターです。

総合保健体育科学センター

STAFF

【教員】        押田 芳治(教授)

              小池 晃彦(准教授)

              岩間 信太郎(特任講師)
 


 【大学院生】     日置 麻也(D4)

            斯日古楞(D2)

            吉子 彰人(D1)

 

 

 【共同研究者】     石黒 哲也
            大澤 功
            楠 正隆
            柳本 有二
            筒井 秀代
            藤田 泰典
            戸田 香
            後藤 慎一
            坂崎 貴彦
            永井 美奈子
            武田 充史
            松本 大輔
            姜 海英
            王 忠華

            夏目 有紀枝

              木蘭

押田芳治教授 研究者プロフィール

小池晃彦准教授 研究者プロフィール

岩間信太郎特任講師 研究者プロフィール

押田 芳治 教授

小池 晃彦 准教授

岩間 信太郎 特任講師

修了後の主な勤務先

 京都大学、愛知学院大学、帝京科学大学 など

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
押田 芳治/OSHIDA Yoshiharu
教授健康・スポーツ医学
小池 晃彦/KOIKE Teruhiko
准教授健康・スポーツ医学
岩間 信太郎/IWAMA Shintaro
特任講師健康・スポーツ医学

研究分野紹介

専攻 健康社会医学
大講座 健康増進医学(協力)
分野 健康・スポーツ医学
ユニット名 総合保健体育科学センター

研究キーワード

 運動療法、身体トレーニング、骨格筋、糖代謝、インスリン抵抗性、糖尿病、肥満症

リンク集

名古屋大学 総合保健体育科学センター

岐阜県国際バイオ研究所

日本体力医学会

日本糖尿病学会

American Diabetes Association