トップページ研究室紹介(臨床医学領域)高次医用科学 がん薬物療法学((病)化学療法部)

高次医用科学

がん薬物療法学((病)化学療法部)

附属病院 診療部へはこちら「化学療法部」

研究室概要

  化学療法部は、悪性新生物全般に対する臓器横断的な診療部門であり、各診療科との密接な連携に基づいて、外来における高水準の癌薬物治療を実践してます。専用の外来化学療法室には、専任の医師、看護師、薬剤師が配置され、チーム医療によって高い安全性と効率性を確保します。また、各診療科からの化学療法や緩和ケアに関する相談について継続的に対応しています。
  「抗がん剤を使い慣れている」、「プロトコールを知っている」だけでは、抗悪性腫瘍薬による治療ができることにはなりません。高水準の癌薬物治療を実践するためには、各薬剤の臨床薬理や一連の副作への理解に加え、各臓器に特異的に発生する悪性新生物の病態に精通し、個々の患者の病態変化や治療に対する反応に応じて治療の得失を判断していく高度な臨床能力が要求されます。化学療法部での教育は、このような理念に基づいています。
 次世代医療への貢献は、名古屋大学医学部附属病院が社会から期待される使命です。化学療法部では、癌化学療法の安全性と治療効果の向上を目指した研究活動も積極的に行っています。

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
安藤 雄一 / ANDO Yuichi
教授がん薬物療法学・化学療法学
満間 綾子 / MITSUMA Ayako
特任講師がん薬物療法学(がんプロ)
前田 修 / MAEDA Osamu
特任助教化学療法学(がんプロ)
杉下 美保子 / SUGISITA Mihoko
病院助教化学療法部
浦川 浩 / URAKAWA Hiroshi
特任助教がん薬物療法学(がんプロ)
下方 智也 / SHIMOKATA Tomoya
特任助教がん薬物療法学(がんプロ)

研究分野紹介

専攻 臨床医学領域
大講座 高次医用科学
分野 がん薬物療法学((病)化学療法部)

研究キーワード 

がん薬物療法学,臨床薬理学,薬理遺伝学,医療安全,外来化学療法

研究プロジェクト

1. 臨床薬理学に基づいた適正な抗がん剤治療
2. 薬理遺伝学に基づいた抗がん剤治療の個別化
3. 外来化学療法における安全医療