トップページ研究室紹介(臨床医学領域)頭頸部・感覚器外科学 顎顔面外科学/咀嚼障害制御学

頭頸部・感覚器外科学

顎顔面外科学/咀嚼障害制御学

附属病院 診療科へはこちら 「歯科口腔外科」

講座 研究・教育へはこちら「口腔外科詳細」

沿革

 当講座の前身は大正6年に愛知県立医学専門学校に設置された歯科部であり、東京大学医学部歯科学教室から着任した北村一郎教授により歯科学教育が始められました。同校は愛知医科大学、官立名古屋医科大学、名古屋帝国大学医学部を経て昭和22年に名古屋大学医学部になる変遷がありましたが、歯科としての臨床実績は着実に積み上げられ、今日の講座の礎が築かれました。

 昭和41年に名古屋大学医学部口腔外科学講座が開設され、昭和42年に東京医科歯科大学歯学部口腔外科学講座から着任した岡達教授により口腔外科臨床に軸をすえられました。研究面では顎関節について精力的にすすめ、これは顎関節研究会(現在の日本顎関節学会)発足にいたりました。教育は医学部生に対し口腔科学を基盤にして歯科口腔外科との連携医療の重要性を考えさせる先駆的なものでした。

 昭和60年に後任となった金田敏郎教授は血液疾患患者における口腔出血管理に取り組み、この分野において数々の業績を残したほか、血液・有病者、骨・関節、腫瘍、形成、言語治療の各グループが研究活動の幅を広げました。

 平成6年に昇格した上田実教授は四半世紀以上におよぶ伝統を踏まえ研究活動を加速しました。平成8年に第3回国際ティッシュインテグレイションコングレス、平成9年に日本顎顔面機能再建学会、平成10年に日本組織工学会、平成14年に国際組織工学会、平成20年には日本再生医療学会を主催し、再生医療分野の研究活動を先導しました。また平成16年には医学部細胞治療学寄附講座が設置され、藤内祝寄附講座教授が口腔がんに対する活性化リンパ球療法をすすめました。平成11年には大学院の重点化にともなって医学部口腔外科学講座は大学院医学系研究科頭頸部・感覚器外科学講座顎顔面外科学/咀嚼障害制御学として生まれ変わりました。これは研究をより重視した大学院大学への再編であるとともに、歯科的な要素を強く意識した分野である咀嚼障害制御学を医学部の中に新設したと評価されています。

 平成27年からは日比が講座を率いています。講座、学科の開設からそれぞれ50周年、100周年を迎えるところです。歴代の教授が発展させた教育・臨床・研究の柱を集大成すべく努めています。

 

歴代教授  岡 達    昭和42316日~昭和60331

        金田敏郎  昭和606月 6日~平成 6331

        上田 実   平成  6616日~平成26930

        日比英晴  平成278月 1日~

 

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
日比 英晴/ HIBI Hideharu
詳しくはこちら→
教授顎顔面外科学
山本 憲幸/ YAMAMOTO Noriyuki
詳しくはこちら→
講師医学部附属病院歯科口腔外科
土屋 周平/ TSUCHIYA Shuhei
詳しくはこちら→
助教医学部附属病院歯科口腔外科
西川 雅也/ NISHIKAWA Masaya
詳しくはこちら→
助教医学部附属病院歯科口腔外科
藤尾 正人/ FUJIO Masahito
詳しくはこちら→
助教顎顔面外科学
原 憲史/ HARA Kenji
詳しくはこちら→
助教医学部附属病院歯科口腔外科
酒井 陽/SAKAI Kiyoshi
詳しくはこちら→
助教顎顔面外科学
坂倉寛紀/ SAKAKURA Hiroki
詳しくはこちら→
助教顎顔面外科学

研究分野紹介

専攻 総合医学
大講座 頭頸部・感覚器外科学講座
分野 顎顔面外科学分野/咀嚼障害制御学分野

研究キーワード

再生医療 培養骨 ティッシュエンジニアリング 成長因子 インプラント 口腔がん 温熱療法 先進医療

研究テーマ

再生医療・インプラント

 当講座はインプラント治療、再生医療研究の先駆的存在として世界レベルで注目を集めてきました。これまでのノウハウを最大限に活かし、新たなインプラント、骨再生医療を展開しています。重度の骨吸収症例や悪性腫瘍、口蓋裂などの難症例に対して骨延長、骨造成、インプラントにより質の高い機能回復を目指しています。なかでも骨再生医療は骨髄由来間葉系幹細胞(MSC)と多血小板血漿(PRP)を組み合わせた培養骨は全国唯一の先進医療B「骨髄由来間葉系細胞による顎骨再生療法」として厚生労働省に承認され、またその発展型である細胞移植をともなわない方法も開発しています。さらに乳歯や歯髄幹細胞による難治性疾患治療の研究を他講座と共同で始めており、脊髄損傷や脳虚血、他領域の臓器障害などさまざまな分野に応用できる可能性が見えてきています。
 当院は厚生労働省から臨床研究中核病院に選定されており、臨床研究の最先端環境下に身を置くことができます。

先進医療「骨髄由来間葉系細胞による顎骨再生療法」

口腔がん

 本学には基礎ならびに臨床分野において日本を代表する悪性腫瘍の研究者が多数在籍します。そのため質の高い共同研究が円滑に進められ、温熱療法の基礎的研究で多くの成果をあげてきています。現在は磁性粒子を用いた磁場誘導組織内加温法と免疫療法の併用効果についての研究、腫瘍病理学講座とTGF-β関連タンパク質CD109の口腔がんにおける発現や新規腫瘍マーカーへの応用などの研究、愛知県がんセンター研究所とエピゲノム異常を標的としたがん治療の研究、口腔がんにおけるDNAメチル化の網羅的な解析や新規DNAメチル化マーカーの開発などに取り組んでいます。

入局案内・歯科医師臨床研修について

学会認定研修制度
・日本口腔外科学会認定研修施設
・日本顎関節学会認定研修機関
・日本口腔インプラント学会認定研修施設
・日本補綴歯科学会認定研修機関
・日本顎顔面インプラント学会認定研修施設
・日本口腔科学会認定研修施設

平成29年度採用分

歯科医師臨床研修の2次募集をしています。

詳細はこちらから「口腔外科詳細」

研究業績

各教員プロフィール参照