トップページ研究室紹介(臨床医学領域)病態外科学 心臓外科学(胸部外科学)

病態外科学

心臓外科学(胸部外科学)

附属病院 診療科へのリンクはこちら 「心臓外科」

独自ホームページへのリンクはこちら「心臓外科」

研究概要

心臓大血管外科を専門領域としています。教室では冠動脈バイパス術などの虚血性心疾患外科、弁形成術・置換術などの心臓弁膜症に対する手術をはじめ先生性心疾患手術、大動脈弓部を中心とする胸部大血管手術を年間約250例施行しています。症例はデータベース化し臨床研究を展開し手術成績の向上に努めています。心房細動根治術、胸部大動脈瘤手術などの臨床研究は高い評価を受けています。新しい手術手技の開発に対しても積極的に取り組んでいます。逆行性脳灌流法、arch first 法などの大血管手術手技は国際的に高い評価を受けています。


〈研究体制〉

心臓外科学は心臓外科および胸部大血管外科に関する基礎および臨床研究を専門領域としています。
 教室には1952年に日本で初めて人工心肺を開発した歴史があり(戸田博教授)、この伝統を受け継ぎ、「臨床に即した研究」をモットーに研究に取り組んでいます。
 組織工学技法を用いた新規人工心臓弁・小口径人工血管の開発、再生医療による不全心筋再生療法の開発、超高速度カメラを用いた心臓内解剖の観察、骨格筋を用いた心臓補助法の開発などの臨床に即した基礎研究を行っています。
 教室では冠動脈バイパス術などの虚血性心疾患外科、弁形成術・置換術などの心臓弁膜症に対する手術をはじめ大動脈弓部を中心とする胸部大血管手術、先生性心疾患手術を年間約250例施行しています。症例はデータベース化し臨床研究を展開し手術成績の向上に努めています。弁膜症手術、大血管手術、心臓ペースメーカー手術は大規模なデータベースを構築し、詳細な臨床研究を推進しています。
 心房細動根治術、胸部大動脈瘤手術などの臨床研究は高い評価を受けています。新しい手術手技の開発に対しても積極的に取り組んでいます。逆行性脳灌流法、arch first 法などの大血管手術手技は国際的に高い評価を受けています。

 

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
碓氷章彦 / USUI akihiko
詳しくはこちら→
教授心臓外科学
秋田利明 / AKITA toshiaki
詳しくはこちら→
特任教授心臓外科(附属医学教育研究支援センター)
大島英揮 / OSHIMA hideki
詳しくはこちら→
准教授心臓外科
成田裕司 / NARITA yuji
詳しくはこちら→
講師心臓外科
阿部知伸/ ABE tomonobu
詳しくはこちら→
病院講師心臓外科
六鹿雅登/MUTSUGA masato
詳しくはこちら→
病院講師心臓外科
藤本和朗/FUJIMOTO kazurou
詳しくはこちら→
病院講師心臓外科
徳田順之/TOKUDA yoshiyuki
詳しくはこちら→
病院講師心臓外科
寺澤幸枝/ TERAZAWA sachie
詳しくはこちら→
病院助教心臓外科
山名孝治/YAMANA kouji
詳しくはこちら→
病院助教心臓外科
伊藤英樹/ ITO hideki
詳しくはこちら→
病院助教心臓外科

研究分野紹介

専攻 機能構築医学専攻
大講座 病態外科学講座
分野 心臓外科学
ユニット名 胸部外科学

心臓外科を志す若手医師の先生へ

 名古屋大学では22の関連施設と協力して、心臓外科を志す若手医師の方々に心臓血管外科専門医教育を行っています。心臓血管外科専門医を取得するためには最低50例の術者経験とともに多くの臨床経験を必要とします。名古屋大学には関連施設を含め年間約2500例の手術総数があり、若手外科医に十分な臨床経験を提供できる基盤があります。
 私たちは卒後約10年間を卒後研究期間と考えています。2年間の初期臨床研修の必修化にともない、心臓外科臨床研修は卒後3年目以降に開始します。外科専門医制度の開始に伴い、卒後4年目までに外科系研修を行い、外科専門医受験資格を得るための一般外科診療経験を積むことが望まれます。教室では関連施設と協力して外科専門医取得が可能となるようにアレンジを行っています。3年目以降の心臓外科後期研修は初期臨床研修病院で行うことが一般的ですが、経験症例数に応じて他施設への異動も考慮します。
 心臓外科臨床研修は卒後4年次以降に本格化します。この期間は心臓手術数の多い大規模施設で研修を行う事を基本とし、卒後7、8年目までに心臓血管外科専門医取得が可能な手術数を経験できるように指導します。
 私たちは大学院教育を卒後教育期間の一環と位置づけ、心臓血管外科専門医実地修練に準拠した臨床指導およびacademic supportを行っています。原則として卒後6、7年目に社会人大学院生として大学院に入学し、1年間以上の臨床研修を医学部附属病院で行います。臨床研究、全国学会発表、論文作成を行い、4年間で心臓血管外科専門医取得に必要な業績をあげるとともに、学位論文相応の研究を指導します。
 私たちは卒後約10年間で外科専門医、心臓血管外科専門医、医学博士を取得することを目標とし、心臓血管外科に関する卒後臨床教育を行っています。

心臓血管外科専門医の詳細は   http://cvs.umin.jp/   (日本心臓血管外科専門医認定機構)を参照してください。

外科専門医の詳細は   http://www.jssoc.or.jp/procedure/specialist/index.html   (日本外科学会ホームページ)を参照してください。