トップページ研究室紹介(臨床医学領域)発育・加齢医学 地域在宅医療学・老年科学

発育・加齢医学

地域在宅医療学・老年科学

附属病院 診療科へはこちら 「老年内科」

地域在宅医療学・老年科学独自ページ

研究室概要

 世界でも稀にみる高齢社会となる日本の高齢者医療・老年医学は、いま日本のみならず世界から注目される医学領域と言えます。高齢者医療は病院だけで完結するわけではなく、地域・在宅医療を含めて考えてゆく必要があります。そのため、高齢者の病気を診ることはもちろん、他の医療スタッフとの協働、福祉との連携、さらには高齢者の取り巻く社会システムなどにも配慮できる多くのスキルを持った医師の存在が欠かせません。加えて研究においては未開拓の領域が数多く存在し、当研究室においても社会貢献に値する研究テーマがあります。他の診療科出身者で高齢者医療に対応できる経験を積むことを目指している医師がいることからもわかるように、あらゆる診療科、また地域医療の課題解決につながる能力が身につく診療科です。

 当教室は1979年に故・葛谷文男を初代教授として開講され、高齢者医療・老年医学領域を専門分野とする教室としては極めて長い歴史を持ちます。1993年井口昭久が第二代教授として着任し、当教室は中部地方に開設された最初の老年科学講座でした。20114月、地域在宅医療学・老年科学分野として、第三代教授に葛谷雅文が着任し、現在わが国における老年医学の中枢として超高齢社会を見据えた臨床・研究、さらには他の医療機関との協同による在宅医療モデルの構築などを積極的に行っています。

「地域包括ケアに見合った人材育成(多臓器疾患を抱える高齢者の総合診療、在宅医療、 認知症など)、多職種連携のリーダーシップを発揮する医師、超高齢社会に伴う医療ニーズの変化に対応でき今後の高齢者医療を開拓できる研究者の養成を目指しています。

教員

構成員名/英名表記 役職 所属
葛谷 雅文/Kuzuya Masafumi
詳しくはこちら→
教授地域在宅医療学・老年科学
鈴木 裕介/Suzuki Yusuke
詳しくはこちら→
病院准教授地域連携・患者相談センター
梅垣 宏行/Umegaki Hiroyuki
詳しくはこちら→
准教授地域在宅医療学・老年科学
大西 丈二/Onishi Joji
詳しくはこちら→
講師老年内科
廣瀬 貴久/Hirose Takahisa
詳しくはこちら→
病院講師地域包括医療連携センター
長谷川 潤/Hasegawa Jun
詳しくはこちら→
病院講師地域包括医療連携センター
栁川 まどか/Yanagawa Madoka
詳しくはこちら→
助教老年内科
伊奈 孝一郎/Ina Koichiro
詳しくはこちら→
病院助教卒後臨床研修・キャリア形成支援センター
中嶋 宏貴/Nakashima Hirotaka
詳しくはこちら→
病院助教地域連携・患者相談センター
成 憲武/CHENG,Xian wu
詳しくはこちら→
特任准教授未来社会創造機構
牧野 多恵子/Makino Taeko
詳しくはこちら→
特任助教未来社会創造機構
林 尊弘/Hayashi Takahiro
詳しくはこちら→
特任助教未来社会創造機構

研究分野紹介

専攻 総合医学
大講座 発育・加齢医学
分野 地域在宅医療学・老年科学

研究キーワード

高齢者医療、フレイル・サルコペニア、認知症、在宅医療、医療介護連携、地域包括ケアシステム、老年症候群、高齢者包括評価、インフォーマル・ケア、代謝異常、動脈硬化

大学院進学を考えている方へ

ますます進行する高齢社会の高いニーズがありながら、老年医学を専門とする臨床家、研究者が圧倒的に不足しています。当教室は高齢者医療に関わる研究を広範囲に行っており、それぞれが関心をもつ分野で自由度の高い研究ができる気風を持ちます。高齢者医療を一緒に担っていただける大学院生を渇望しています。ご関心をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。