トップページ研究室紹介(寄附講座) 難治性神経疾患治療学

研究室紹介(寄附講座)

難治性神経疾患治療学

 本講座は免疫機序の関与が知られる難治性神経疾患の病態解明と新規治療法の開発を目的に、2013年11月より設置されました。ヒトにおける対象疾患として主に自己免疫機序の関与が推定される神経疾患、たとえば慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy, CIDP)、ギラン・バレー症候群、MAG抗体関連性ニューロパチー、血管炎に伴うニューロパチー、Crow-Fukase症候群などを対象に、疫学や臨床像をはじめ、病態、治療反応性と予後に至る包括的な研究を行っています。

 また免疫機序への介入が期待される各種薬剤・治療法の有効性と作用機序の解明を目指しており、特定の治療法への反応性を規定する宿主要因(遺伝子多型)を明らかにすることで、適切な治療法選択のためのツールと新規薬剤の開発を試みています。

構成員名/英名表記 役職 所属
飯島 正博/IIJIMA Masahiro
寄附講座 講師難治性神経疾患治療学 寄附講座
石垣 診祐/ISHIGAKI Shinsuke
寄附講座 助教難治性神経疾患治療学 寄附講座

業績はこちら